線路・道路両用車「DMV」、現状では導入困難か 有用性あるも制約多数

線路・道路両用車「DMV」、現状では導入困難か 有用性あるも制約多数
期待をかけられるDMV、なぜ未だ実現できないのか

JR北海道が導入を断念した、線路と道路の両方を走れる「DMV」。国の評価で有用性が認められましたが、現実的には厳しい状況のようです。ただ、実現の可能性も残されています。

国が一定条件で有用性を確認

 小型バスに鉄道の車輪を装備し、道路と線路の両方を走れるようにした「デュアル・モード・ビークル(DMV)」。2014年10月から、有識者を集めた会議でDMVの技術的な評価を行っていた国土交通省は2015年10月30日(金)、その中間とりまとめの内容を明らかにしました。

 今回の中間とりまとめでは、一定の条件下でDMVの有用性が確認されました。合わせて後述のように、導入が可能なモデルケースも具体的に示されています。

 DMVはこれまで、JR北海道が2004(平成16)年に第1次試作車を完成させ、開発を主導してきましたが、同社は2014年9月、安全対策や北海道新幹線への経営集中を理由として導入を断念。先行きが危ぶまれていました。しかし今回、国から有用性が認められたことで、DMVは実現の可能性が残されたといえます。

期待をかけられるDMV、なぜ未だ実現できないのか

 道路と線路の両方を走れるDMVは、郊外で線路を走り、市街地では道路に移動。商店街や公共施設、病院などに直行するといった使い方ができます。乗客が少ない地方路線で有効な輸送手段として、経営が苦しい日本各地のローカル鉄道や沿線自治体から期待をかけられていました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2015年11月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。