ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?

ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?
拡大する(全7枚)

1990年に発売されたホンダの初代「NSX」は、その生産終了までの15年間、名実ともにホンダのフラッグシップカーでした。どのようなクルマで、そしてホンダの「顔」として、どのような役割を果たしたのでしょうか。

「ホンダ」のイメージはどう形作られた?

「ホンダに、どのようなイメージを抱いていますか?」という質問に対して、最も多い答えは「スポーティ」ではないでしょうか。

ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役...の画像はこちら >>

1990年発売、初代「NSX」(画像:ホンダ)。

 そのイメージは、ホンダの歴史が育みました。戦後の1946(昭和21)年に誕生したホンダは、積極的にレースに参戦。オートバイだけでなく、1960年代には自動車レースの最高峰であるF1でも大活躍しました。市販車でもスポーティなモデルを数多く発売。ホンダは、カリスマ創業者である本田宗一郎の元、戦後に設立された若々しく快活なブランドとして急成長を遂げます。

 1980年代になるとホンダは、再びF1に参戦。80年代後半には、アイルトン・セナなどの有力ドライバーを擁して無敵を誇ります。また1987(昭和62)年には、中嶋悟選手が日本人初のF1ドライバーに。いまでは考えられないほどF1の人気は高く、それだけホンダ=レース=スポーティというイメージも強烈な時代でした。

 そんな無敵のホンダが1990(平成2)年に1台の新型車を発売します。それが「NSX」でした。

衝撃のデビュー、その画期的なコンセプトとは

この記事の画像

「ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?」の画像1 「ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?」の画像2 「ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?」の画像3 「ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?」の画像4
「ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?」の画像5 「ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?」の画像6 「ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ホンダ」に関する記事

「ホンダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ホンダ」の記事

次に読みたい「ホンダ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク