千歳線、12日から通常ダイヤに 地震による徐行運転を解除 JR北海道

北海道胆振東部地震によるJR千歳線・沼ノ端~南千歳間の徐行運転が解除され、2018年10月12日から通常ダイヤに。あわせて石勝線と室蘭本線の徐行運転解除の見通しも発表されました。

列車の遅れや運休などが解消

 JR北海道は2018年10月10日(水)、北海道胆振東部地震に伴い実施している千歳線・沼ノ端~南千歳間の徐行運転を、12日(金)に解除すると発表しました。

千歳線、12日から通常ダイヤに 地震による徐行運転を解除 JR北海道

札幌~函館間を結ぶ特急「スーパー北斗」のイメージ。途中、千歳線も経由している(2009年10月、恵 知仁撮影)。

 線路の補修が進み状態が改善したことから徐行運転を解除し、12日(金)の始発から通常ダイヤの運転に戻します。

 なお、同じく徐行運転をしている石勝線・南千歳~追分間は、10~15分の遅延や、一部普通列車の運休が生じています。室蘭本線の遠浅~追分~三川間も10~15分の遅延が生じています。これらが影響し、通常ダイヤの千歳線でも遅れが発生する場合があるといいます。

 徐行運転の解除は、石勝線が10月末めどである一方、室蘭本線は数か月程度かかる見通しです。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2018年10月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。