トップニュース

歯や口の不健康が寿命を縮める理由

■80歳以上になっても歯を残せる人が増加1989年に厚生省(当時)と日本医師会によって提唱された「80歳になっても20歯以上を保つ」ための8020運動が開始し、歯の保存状態は改善され成果があがっています。1999年の達成率は約15%、2007年は25%でしたが、2011年の調査では38%に達しました(e-ヘルスネット)。2015年6月に、日本歯科医師会のサイトで「健康長寿社会に寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンス集2015」が掲...全文>>

ネットコラム

もっと見る