ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

1

貯金できない人におすすめのアプリ13選 小銭の自動貯金・投資も

2018年1月11日 16時07分

ライター情報:新美友那

画像はイメージ

結婚や老後などの将来のためや、欲しいものを買うためにする貯金。誰でも貯金はしたいものだが、コツコツと貯金ができない人は、なかなか自分だけの力で貯められないもの。
小銭貯金くらいならできそう、と500円玉貯金を始めたはいいが、結局面倒くさくなって途中でやめてしまった経験は、誰にでもあるのではないだろうか。
そこで今回は、ついつい無駄遣いしがちな人や、家計簿の管理が苦手な人でも絶対に貯金ができる、おすすめアプリを13個紹介する。


貯金管理系


貯まるメモ
基本料金:無料
対応OS:iOS Android

大手通販会社「ベルメゾン」が配信しているアプリ。
収支の入力も簡単でグラフ表示や付け忘れ防止機能も充実しており、明るくシンプルなデザインが人気だ。
ビギナー向け「おてがるコース」と上級者向け「がんばりやさんコース」に分かれており、目標別に選択することができる。
このアプリの特徴は「ゆめ貯金」という、目標の貯金額を差し引いた金額でやりくりするよう計算してくれる機能だ。
目標額を設定するだけで、あとは残金のなかでやりくりするだけで自然と貯金ができるので、あまり難しく考えたくない人に向いている。

お金の貯まる 貯金箱アプリ
基本料金:無料
対応OS:iOS Android

日々の貯金メモとして使いやすいアプリ。ブタ、大黒様、ドリームキャッチャーなど様々な縁起の良いキャラクター貯金箱から1つ選択し、日々の貯金額を入力していくと、今どれくらい貯金がたまっているかを表示してくれるアプリだ。
明るく可愛いイラストであるため、楽しく入力・貯金できる。操作も単純で、表示項目も「目標額」「貯金額」「目標額まであと○○円」と必要最小限のものになっているので、貯金アプリ初心者におすすめだ。

GAMAN(ガマン)
基本料金:無料
対応OS:iOS

タバコやジュースなど、「これを我慢して貯金しよう」というものが決まっている人におすすめのアプリ。
目標額と我慢するものを決めて「がまんカード」を設定すると、「○○のためのがまん ○○円」と表示され、選択肢として「タバコ1本」「カフェ1回」など「がまんするもの」を選べるようになる。これを利用して「つもり貯金」していくと、目標額に対していくら貯まったか、いくら分我慢したかを表示してくれるようになる。貯金と一緒に禁煙やダイエットをしたいストイックな人にもおすすめだ。

CHOKIN 貯金(チョキン)
基本料金:無料
対応OS:iOS

「欲しいもののために貯金したい」という人におすすめなのがこのアプリ。
使い方は簡単で、欲しいものの名前、目標金額、欲しいものの写真を設定して、貯金をしたときに金額を入力するだけ。デザインもシンプルでスタイリッシュなので、可愛いデザインに抵抗がある方にもおすすめだ。
欲しいものの画像を設定でき、目標額までの達成度が棒グラフと金額の両方で表示されるので、貯金へのモチベーションも維持しやすい。なお、欲しいものは複数登録できるので、途中で欲しいものが増えても安心だ。


関連キーワード

ライター情報: 新美友那

ライター・講師。1988年生まれ。法政大学卒業後、市役所で5年間勤務。独立後、初月で17万円を稼ぎ、2か月目でFMラジオに出演。働き方、料理、アニメなど幅広いテーマで執筆中。

URL:元公務員ライター 新美友那のブログ

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    絶対なんて言葉は使わないほうがいいですよ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!