人工知能研究者・感性アナリスト 黒川伊保子~妻の「あっち行って」を翻訳すると

人工知能研究者・感性アナリスト 黒川伊保子~妻の「あっち行って」を翻訳すると
       

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に脳科学・AI研究者の黒川伊保子が出演。男女の脳の違いから来る会話の行き違いについて語った。

人工知能研究者・感性アナリスト 黒川伊保子~妻の「あっち行...の画像はこちら >>

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは人工知能研究者で感性アナリストの黒川伊保子さんです。著書『妻のトリセツ』と『夫のトリセツ』は、いずれもベストセラーとなっています。『妻のトリセツ』のなかの「妻の言葉を翻訳すると」という章に、「あっち行って」という妻の言葉があります。

黒川)「あっち行って」は、「あなたのせいでめちゃめちゃ傷ついたの、ちゃんと謝って」という意味ですね。

黒木)「勝手にすれば」はまあ、よく言います。

黒川)「勝手にすれば」は、「勝手にしたら承知しないから」でしょう。

黒木)そうそう。「私の言うことをちゃんと聞いて」という感じで。

黒川)あるセミナーで、男性から「女性はなぜ5W1Hに答えないのですか?」という質問を受けました。5W1H、つまり「いつ」「どこで」「何を」などの質問に真っ直ぐ答えない。直球が返って来ないと言うのです。家に帰ったら、妻が見慣れない新しいスカートを履いていた。新しいのかなと思って確認しようと、いつ買ったのかを聞いたら、「安かったから」と答えたと言うのです。「いつ」と聞いたのに、なぜ安かったからと答えるのかと。旦那さんのほうは見慣れないな、いつ買ったの、と聞いたのだけれど、家計を預かっている側は「俺に黙っていつ買ったの?」と聞かれた気がするから、「安かったからよ」と答えたのです。でも男性はなぜ、まずスペック確認なのでしょう。新しいと思ったら「それいいね、似合うよ」と言えばいいではないですか。なぜ5W1Hなのか。実は男性のゴール指向問題解決型というのは、必ず質問が5W1Hなのです。昨今、会話の少ない夫婦は離婚率が高いと言われていますが、妻と会話をしなさいと言われた中高年男性が、「きょうは家に帰って久々に妻と話をするか」となったときに、何を言い出すかと思ったら「お前、きょう何をしていた?」と。昨日まで会話のなかった夫が「何をしていた?」って、どんなマウティングだと思ってしまいます。「どうしてそこから行くの?」と思うのだけれども、男性は5W1Hが浮かんで来る。男性としては、それに真っ直ぐ答えてもらえばいいのだけれど、気持ちで答えてしまう。「おかずはこれだけか」と言われたら、「それだけよ。足りなかったらふりかけもあるけれど」と言えばいいだけのことを、何となく「1日家にいて、これだけかよ」と言われたような気がしてムカつく。5W1Hの質問が男性はストレートなのに、女性はストレートではない。これを知っておかないと、夫婦の会話はとてもすれ違います。疑問に思うところがおかしいでしょう。


当時の記事を読む

黒木瞳のプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「黒木瞳」に関する記事

「黒木瞳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「黒木瞳」の記事

次に読みたい「黒木瞳」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 黒木瞳 Instagram
  2. 黒木瞳 あさナビ
  3. 黒木瞳 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。