「妹さえいればいい。」連載インタビュー【第3回】音楽・菊谷知樹「クリエイターの日常を“渋谷系”で表現」

「妹さえいればいい。」連載インタビュー【第3回】音楽・菊谷知樹「クリエイターの日常を“渋谷系”で表現」
「妹さえいればいい。」連載インタビュー【第3回】音楽・菊谷知樹「クリエイターの日常を“渋谷系”で表現」
僕は友達が少ない』の平坂読先生が執筆し、『変態王子と笑わない猫。』のカントク先生がイラストを手がける、人気小説が原作のTVアニメ『妹さえいればいい。』。ライトノベル作家の主人公・羽島伊月や、その友人で同じくラノベ作家の不破春斗、イラストレーターの“ぷりけつ”こと恵那刹那など、クリエイターたちの裏側を覗き見ることができる青春ラブコメ作品だ。

アニメ!アニメ!では、「妹さえ」の魅力を深掘りするためスタッフ陣へ全6回にわたって連載インタビューを実施。第3回は、音楽を手がけた菊谷知樹氏に、クリエイターたちの日常を音楽面でどのように彩っていったのか話をうかがった。
[取材・構成=胃の上心臓(下着派)]

『妹さえいればいい。』
http://imotosae.com

[菊谷 知樹(きくや・ともき)]
92年、「ムスタングA.K.A」でソニーレコードよりデビュー。
解散後ギターリストとして、05年よりコンポーザーとして作曲・編曲を中心に活動中。
近年はアニメの劇伴やCMなどのBGM作品にも定評がある。
ギターサウンドからストリングス、ブラスサウンドを始め、自らマンドリン、ウクレレ、三線、鉄琴など幅広い楽器演奏も好評を得ている。

■参考にしたのはピチカート・ファイブのような“渋谷系”

――まずは本作の音楽を担当するにあたり、原作小説を最初に読んだときの印象はいかがでしたか?

菊谷知樹さん(以下、菊谷)
僕はライトノベルをあまり読まないのですが、ひねりが効いていているし、えらく進化していると感じました。「妹」という概念で遊んでいて、こっちが付いていかないと置いてけぼりにされてしまう。妹というと、世代的にあだち充先生の『みゆき』のようなイメージを持っていましたが、だいぶ違いましたね(笑)。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2017年12月30日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「男子高校生の日常」のニュース

次に読みたい関連記事「男子高校生の日常」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「とらドラ!」のニュース

次に読みたい関連記事「とらドラ!」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のニュース

次に読みたい関連記事「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら