「進撃の巨人」堂々の完結! 最終回を読んだ気持ちは…?【声優・作家・アーティストの反応まとめ】
拡大する(全2枚)
「別冊少年マガジン」5月号
人気マンガ『進撃の巨人』が2021年9日発売の「別冊少年マガジン5月号」にて最終回を迎えました。2009年9月より11年7か月、全139話の長期連載に幕を下ろします。

同誌の創刊号という当時メジャーではない雑誌での連載スタートでしたが、序盤から話題となり、コミックス2巻で累計100万部を突破。2013年にアニメ化され、なお人気に拍車がかかっていきました。アニメは第4期まで放送、実写映画化も果たし、コミックス累計発行部数は全世界で1億部を突破しています。

ファンが固唾を呑んで待ち構えた最終回。講談社によると、今号は通常の2倍ほどの部数を発行したとのこと。「別冊少年マガジン」編集部からは、「長らく応援してくださった読者の皆様へ。本当にありがとうございました!」と感謝の気持ちが寄せられました。

無事に最終回を読み終えたファンはもちろん、アニメ声優陣、作家陣など、さまざまな人々が感想を連ねています。ここでは一部まとめてご紹介させていただきます。

■声優陣の反応
TVアニメでエレン・イェーガー役を務めた梶裕貴さん。前日より、「漫画『進撃の巨人』が終わる。怖い」とスタンバイしていた模様。

読み終えてからは、「読者の誰もがそうかと思う けれど、僕にしかわからない感情もまたある。涙が止まらない」と感情が昂ぶった様子をツイートしました。
さらに続けて、作者・諫山創先生に感謝の気持ちを述べ、「アニメ『進撃の巨人』に心臓を捧げ、エレン・イェーガーを演じ抜きます。オレたちの戦いはこれからだ!!!」と意気込みを顕にしました。

この記事の画像

「「進撃の巨人」堂々の完結! 最終回を読んだ気持ちは…?【声優・作家・アーティストの反応まとめ】」の画像1 「「進撃の巨人」堂々の完結! 最終回を読んだ気持ちは…?【声優・作家・アーティストの反応まとめ】」の画像2