秋アニメ「ルパン三世」小説家・樋口明雄が脚本担当! 次元とマグナムのハードボイルドストーリーを描く 第8話先行カット

秋アニメ『ルパン三世 PART6』より、12月4日(土)から放送の第8話「ラスト・ブレット」のあらすじ・先行場面カットが公開。今回は小説家・樋口明雄が脚本を担当し、次元大介と“コンバットマグナム”のハードボイルドなストーリーが描かれる。

『ルパン三世 PART6』は、“ミステリー”をテーマに掲げ、映像化作品多数の推理小説家でありアニメ・特撮の脚本も手がける大倉崇裕がシリーズ構成を担当。さらにオムニバスエピソードの脚本には辻真先、芦辺拓、樋口明雄、湊かなえ、押井守など、小説界・アニメ界を賑わす特別ゲストが参加する、まさにアニバーサリーに相応しい豪華作品だ。

第8話のタイトルは「ラスト・ブレット」。
3年前……スコットランドの寄宿学校に通う少年・ケニーは、クラスメイトのリリーに対して、仄かな恋心を抱いていた。
だがある日、美術館での課外学習の最中、リリーが何者かに連れ去られそうになる事件が発生。そこでケニーは、リリーを陰から守る不思議な男と出会う。リリーの身を案じたホームズは、彼女を学校から引き取る決意をして……。

今回の脚本は、1967年に『ルパン三世/戦場は、フリーウェイ』(双葉文庫)でデビューし、以降ゲームブックや小説など数々のルパン小説を手掛けてきた小説家・樋口明雄が担当。本エピソードについて「もちろん全力を注いで書かせていただきました」と執筆を振り返り、ファンへ向けて「最高にクールでハードボイルドなストーリーをみなさまにお届けします! 」とメッセージを送った。

この記事の画像

「秋アニメ「ルパン三世」小説家・樋口明雄が脚本担当! 次元とマグナムのハードボイルドストーリーを描く 第8話先行カット」の画像1 「秋アニメ「ルパン三世」小説家・樋口明雄が脚本担当! 次元とマグナムのハードボイルドストーリーを描く 第8話先行カット」の画像2 「秋アニメ「ルパン三世」小説家・樋口明雄が脚本担当! 次元とマグナムのハードボイルドストーリーを描く 第8話先行カット」の画像3 「秋アニメ「ルパン三世」小説家・樋口明雄が脚本担当! 次元とマグナムのハードボイルドストーリーを描く 第8話先行カット」の画像4
「秋アニメ「ルパン三世」小説家・樋口明雄が脚本担当! 次元とマグナムのハードボイルドストーリーを描く 第8話先行カット」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ルパン三世」に関する記事

「ルパン三世」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ルパン三世」の記事

次に読みたい「ルパン三世」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク