トヨタ「スープラ」発売直後に納車半年待ちに…“儲からない”スポーツカーをつくり続ける理由

 17年ぶりに復活して話題になっているトヨタ自動車「スープラ」。発売するや否や「仕様によっては2019年分が完売」「納車は半年以上先」などと話題になっている。しかし、それは爆発的に注文が集中したからではなく、そもそもの生産台数が少ないことにも起因する。トヨタは年間の日本割り当て台数を公表していないが、19年分は500台程度とも噂されている。驚くほど少ないのである。

 実は今、スポーツカーは冬の時代を迎えている。理由のひとつが、かつてと違ってスポーツカー市場が縮小していることだ。それは欧州のプレミアムブランドも同様で、たとえばメルセデス・ベンツはオープンスポーツカーである「SLC」の次期モデルを発売する予定がないし、アウディは「TT」に関して「次期型はない」と株主総会で同社の役員がコメントしている。いずれも理由は、販売台数が多く見込めないからである。

 もうひとつの理由は、欧州を中心に年々厳しくなる環境規制である。欧州では21年から「各自動車メーカー平均で走行1kmあたりのCO2(二酸化炭素)排出量を95g以下にしなければならない」という燃費規制がスタート。CAFE(企業別平均燃費基準方式)と呼ばれる方式である。

 これはガソリン車の燃費でいえば24.4km/Lに相当し、達成するのは「ほぼ困難」というくらい極めて厳しい数値だが、達成できなければ莫大な罰金を払う必要が生じる。そのため今、自動車メーカーは燃費向上に対して神経をすり減らし、開発に膨大なコストをつぎ込んでいる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年8月27日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。