前澤社長、ZOZOをヤフーに売却…社員置き去りで「株売却益2400億円超」獲得か

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOがヤフーに買収されることが9月12日に報じられ、大きな話題となっている。また、それに伴い、ZOZO代表取締役社長の前澤友作氏が退任を発表するなど、急展開の事態を迎えている。

 ZOZOはヤフーによる株式公開買い付け(TOB)について、取締役会の決議に基づいて賛同意見を表明した。あわせて、ヤフーとの資本業務提携契約も締結するという。また、「PayPayモール」への出店やZOZOTOWNでの「PayPay」導入など、具体的な業務提携内容に関しては今後、協議を行うと明かした。

 さらに、ZOZOは12日付で前澤氏が代表取締役ならびに取締役を退任したと発表した。前澤氏もツイッターで、「ヤフーさんとZOZOは資本業務提携することとなりました。また、このタイミングで僕は代表取締役を辞任し、新社長に今後のZOZOを託し、僕自身は新たな道へ進みます」と綴っている。

 ソフトバンク傘下のヤフーによるZOZO買収について、ネット上では「ZOZOは経営が悪化していたから、社員のクビを切るよりは正しい選択をしたと思う」「今まで築いてきた地位を捨てて潔く新しい道に進む、前澤さんの生きざまがカッコいい」「ファッション優先では限界があったけど、ヤフーとならビッグビジョンが描けるのでは?」といった声が上がっている。

 一方で「ZOZOスーツもコケたし、経営が行き詰まってあわてて売却したという印象」「100万円バラマキ企画あたりから怪しいと思ってたけど……こういうオチか」「社員を捨てて自分だけ株の売却益でお金を手にするのはやり方が汚い」という反応も寄せられており、賛否両論が飛び交っている状況だ。


当時の記事を読む

前澤友作のプロフィールを見る
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「前澤友作」に関する記事

「前澤友作」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「前澤友作」の記事

次に読みたい「前澤友作」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月12日の経済記事

キーワード一覧

  1. 前澤友作 twitter
  2. 前澤友作 紗栄子

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。