マツダ、グローバル戦略の裏側…車名変更だけじゃない!基本性能も世界的レベルに到達

マツダ2」――。この名を耳にして、にわかにキャラクターが想像できる人は、相当のクルマ好きなのだろうと察する。そしてさらに、これが「デミオ」の新しい名であることがわかるのであれば、よほどの事情通か、なんらかのかたちで自動車業界に携わっているのではないかと想像する。

 確かに、マツダ2はデミオである。マイナーチェンジを機に、モデル名を数字に変えた。その理由は、グローバルでの車名統一であり、マツダブランド構築である。デミオがマツダ2になった。「アクセラ」が「マツダ3」になり、「アテンザ」が「マツダ6」になった。すでに海外ではそれらの名で展開している。本家の日本が、それに追いつくように車名統一に進んだのである。これでマツダの、SUVスポーツ用多目的車)以外のペットネームは消えることになる。

 ただし、例外がある。「MX-5 Miata(ミアータ)」の名で愛されていたロードスターは、あまりにも日本ではその名が浸透しすぎていることもあり、今回のグローバル化は見送られた。これからもロードスターは、日本市場でのみその名で呼ばれることになる。

 なぜマツダは、グローバル名の統一を急ぐのか。その理由のひとつが、ブランドの構築である。デミオ、アクセラ、アテンザと、それぞれの車名を訴求するよりも、すべてがマツダのクルマであることを認知させることが有効だと考えたわけだ。

 独BMWは、ほとんどのモデルを数字とアルファベットで表す。記号性を与えることでブランド統一に直結する。メルセデスしかり、アウディも同様だ。レクサスも「IS」「ES」「LS」と、セダン系を「S」の記号で統一して成功した。これらのように、マツダもブランド巧者の戦略を取り入れたのである。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。