『あまちゃん』“暦の上ではディセンバー”、歌っていたのはベイビーレイズ

『あまちゃん』“暦の上ではディセンバー”、歌っていたのはベイビーレイズ
ベイビーレイズ
NHKドラマ『あまちゃん』の挿入歌“暦の上ではディセンバー”を歌っているのがベイビーレイズだったことが明らかになった。

【もっと大きな写真を見る】

“暦の上ではディセンバー”は、『あまちゃん』に登場する架空のアイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」による大ヒット曲という設定のアイドルソング。6月29日には配信形式でリリースされており、同バージョンはベイビーレイズと、『あまちゃん』で成田りな役を演じる水瀬いのりがボーカルを担当している。

ベイビーレイズは「乗り込み!乗っ取り!!アイドル」をテーマに掲げ、2012年9月にデビュー。菊地亜美(アイドリング!!!)を指南役に、大矢梨華子、高見奈央、傳谷英里香、林愛夏、渡邊璃生の5人で結成され、2014年の日本武道館公演を目標に活動している。

なお、8月21日には新たにレコーディングした“暦の上ではディセンバー”をベイビーレイズ名義のCDでリリースすることも明らかにした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

CINRA.NETの記事をもっと見る 2013年7月9日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「水木一郎」のニュース

次に読みたい関連記事「水木一郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「藍井エイル」のニュース

次に読みたい関連記事「藍井エイル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「私立恵比寿中学」のニュース

次に読みたい関連記事「私立恵比寿中学」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。