さまぁ~ず大竹一樹が主演を務める4月10日スタートのドラマ『よだれもん家族』(テレビ東京/毎週日曜11時)のレギュラーキャストとして、松尾諭宮澤エマ、長谷川百々花の出演が発表された。併せてメインビジュアルも解禁となった。

【写真】『よだれもん家族』に出演する松尾諭、宮澤エマ、長谷川百々花

 本作は、現代のどこにでもありそうな団地を舞台にしたシチュエーションコメディー。団地に住んでいる「お取り寄せ」が⼤好きな⼀家が、お取り寄せを通じて日々巻き起こるクスッと笑える話を繰り広げる。主人公である「お取り寄せ」好きの間野家のお父さん・間野啓太役を、ドラマ初主演の大竹が演じる。企画・原案・監修は秋元康。

 今回発表されたのは、個性豊かな間野家の人たちを演じるレギュラーキャスト。好奇心旺盛でしっかり者の母・間野絵理子役に宮澤エマ。⼤学生の娘・間野そら役には長谷川百々花。そして、なぜか間野家に居候している絵理子の兄・久慈元役を松尾諭が演じる。

 松尾は「演じるよりも食べる事に重きを置こうと思います。そして、大竹さんとご⼀緒する事がクランクイン前から楽しみで仕方ありませんでしたが、実際に絡んでみると、やはりコントをして来られた方だけあって、俳優としても、とても素敵です。膨大なセリフ量に苦労はされていますが、NGを出そうが、OKになろうが、どちらにせよ面白すぎて、カットがかかる度に現場が笑いに溢れます」と撮影現場の様子を明かす。

 宮澤は役どころについて「絵理子さんは設定も含め今まであまり演じた事のないタイプで、かなりズバッと物事をハッキリ言うので爽快です。何より、美味しいかを聞いたり話したりしてから食べる最初の⼀口が毎回心から楽しみです」とコメント。

 長谷川は「私が演じさせて頂く、間野そら(18)は大学1年生ということで、私とは3歳の壁があります。私がこれから経験していく高校生活をそらは既に終えているので、経験値や心の余裕など、私とは異なります。“そらと同じ・そらに近づくために”毎日のひとつひとつの選択でそらだったらどうするだろう?と立ち止まるようにしています」と話している。

 メインビジュアルに写し出されるのは、間野家の4人が囲むいつもの食卓の様子。いつもの食卓なのに、いつも違う「よだれもん」なお取り寄せ。現代を表す会話劇と、普通なようで普通でない家族の日常が、飾らず表現されている。

 ドラマ『よだれもん家族』は、テレビ東京にて4月10日より毎週日曜11時放送。

※松尾諭、宮澤エマ、長谷川百々花コメント全文は以下の通り

<コメント全文>

■松尾諭(久慈元役)

Q.ドラマオファーを受けたときのお気持ち、台本を読んだ感想をお聞かせ下さい。

 深夜ドラマのイメージが強いテレビ東京が、真っ昼間にドラマをやるのは、チャレンジングな事だとワクワクしつつ、大竹さん、宮澤さん、長谷川さんを思い浮かべながら台本を読むと、クスクスが止まりませんでした。

Q.役を演じるにあたっての意気込み、撮影で楽しみにしている事等あればお聞かせ下さい。

 意気込みは、とにかく食べる事です。演じるよりも食べる事に重きを置こうと思います。そして、大竹さんとご一緒する事がクランクイン前から楽しみで仕方ありませんでしたが、実際に絡んでみると、やはりコントをして来られた方だけあって、俳優としても、とても素敵です。膨大なセリフ量に苦労はされていますが、NGを出そうが、OKになろうが、どちらにせよ面白すぎて、カットがかかる度に現場が笑いに溢れます。

Q. 作品のみどころや、ファン・視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

 お取り寄せをテーマとした、とある団地のとある家族の、ちょっとおかしな日常を描いたドラマです。日曜のお昼から、ボケーとご覧になられて、クスッと笑って、観終わったらポチっとお取り寄せしちゃたりしていただけると幸いです。

■宮澤エマ(間野絵理⼦役)

Q.ドラマオファーを受けたときのお気持ち、台本を読んだ感想をお聞かせ下さい。
 
 コンセプトを伺った時に、これは面白そうだなぁと思いました。いざ台本を読んでみると、「典型的な家族」の様でちょっと違って。家族全員癖も個性も強めですが、お取り寄せ商品を中心になんだかんだで仲が良く、ホームドラマなんだけど凄くスパイスが効いてる感じがあり、見たことある様でなくて、懐かしい様で新しい。日曜日の昼前という新しい枠で、この実験的なドラマがお届けできるのか、とワクワクしました。

Q.役を演じるにあたっての意気込み、撮影で楽しみにしている事等あればお聞かせください。

 最大の楽しみは、もちろん美味しいお取り寄せ商品の実食だろうなと始まる前から思っていました。ただ、美味しいご飯にありつくにはたった4人(時にはもっと少人数)で会話劇を繰り広げなくてはいけないので、早く食べたい気持ちがいい感じで頑張るモチベーションとなっています。

 絵理子さんは設定も含め今まであまり演じた事のないタイプで、かなりズバッと物事をハッキリ言うので爽快です。何より、美味しいかを聞いたり話したりしてから食べる最初の一口が毎回心から楽しみです。

Q. 作品のみどころや、ファン・視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

 このドラマはお取り寄せ商品が真の主役なのですが、毎回いかにそこに辿り着くかが見どころの一つだと思います。日曜日の昼前にちょっとした「飯テロ」になると思いますが、皆様の食欲をそそらせ、この家族と共に今日のお取り寄せは何かなと楽しみにして頂けたら嬉しいです。

■⻑⾕川百々花(間野そら役)

Q.ドラマオファーを受けたときのお気持ち、台本を読んだ感想をお聞かせ下さい。

 まさかキャスティングして頂けるとは、夢にも思っていなかったため、とても嬉しかったです。今現在も、心躍る思いで撮影させて頂いています。

 また、初めて台本を拝読させて頂いた際には、家族の会話劇が楽しくワクワクしました。そしてドラマの中で本当のお取り寄せ紹介するという新しい発想にはとても驚きました!

Q. 役を演じるにあたっての意気込み、撮影で楽しみにしている事等あればお聞かせ下さい。

 私が演じさせて頂く、間野そら(18)は大学1年生ということで、私とは3歳の壁があります。私がこれから経験していく高校生活をそらは既に終えているので、経験値や心の余裕など、私とは異なります。“そらと同じ・そらに近づくために”毎日のひとつひとつの選択でそらだったらどうするだろう?と立ち止まるようにしています。そらとして撮影現場に居れるように普段の生活も頑張ります。

 そして撮影で楽しみなのはやはり、お取り寄せグルメです!食べることが大好きなので、食に関して異様に詳しい父(啓太)の説明も合わせて、食事のシーンが楽しみです。

Q. 作品の見どころや、ファン・視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

 おうち時間が当たり前となり、外食をする機会が少なくなっていると思います。お取り寄せグルメはおうちでお店の味を楽しめる、料理の手間が省けるという利点があります。よだれもん家族をご覧になっていただき、お取り寄せに興味を持って頂けたら嬉しいです。

 そして!大竹さん演じるお父さんを中心に繰り広げられる家族の会話劇を是非お楽しみください!私自身は精一杯頑張るのみです。何卒、よろしくお願いします。