トム・クルーズ×ブラッド・ピットという豪華ハリウッドスター競演が話題となった1994年の映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」で、当時11歳でブラッドとのキスシーンを体験したキルステン・ダンスト(30)が、「ブラッドとのキスは最低だった」とインタビューで明かしている。

<フォト>元祖美少女女優キルステン・ダンスト フォトギャラリー

 ブラッドといえば当時、美形俳優として飛ぶ鳥を落とす勢いの人気俳優だった。
そんな今をときめくイケメン俳優とのキスシーンに、キルステンのクラスメイトらは羨ましがって大変だったそうだ。

 しかしキルステン自身は冷静に、当時のことをこう語っている。

 「ブラッドはあのとき髪が長くてヒッピーみたいで、とにかくかっこよかったわ。私の周りの女の子たちは皆、『信じられない!あなたってばなんてラッキーなの!あのブラッド・ピットとキスできるなんて!!」って感じで大騒ぎだった。でも私にとってブラッドとのキスはウゲーって感じだったの(笑)」。

 「だって私、その時まで男の人とキスしたことがなかったんだもの。
初めて好きな人とのキスを経験したのは16歳のときよ。だからブラッドとのキスは良いも悪いもなく、とにかく変な感じだったわ」。