小野大輔「方言で言葉の温かさや雰囲気が伝わる」人気コミック『ばらかもん』アニメ化

小野大輔「方言で言葉の温かさや雰囲気が伝わる」人気コミック『ばらかもん』アニメ化
仲の良さが垣間見える3ショット 『ばらかもん』記者会見に出席した小野大輔、原涼子、橘正紀監督 クランクイン
 日本テレビ・長崎国際テレビほかにて7月よりスタートするTVアニメばらかもん』の声優を務める小野大輔と原涼子が、作品への思いを語った。

【関連】『ばらかもん』小野大輔&原涼子記者会見 フォトギャラリー

 同作は漫画家・ヨシノサツキによる人気コミックをベースに、慣れない田舎暮らしの洗礼を受けながら、書道家として人として成長していく都会育ちの青年の姿を描くハートフルコメディー。

 書道界の重鎮を殴った罰として、日本西端の島で一人暮らしをすることになったイケメン書道家・半田清舟(小野)が、元気な小学生の琴石なる(原)ら自由奔放で個性的な島民たちと交流を深めていく。

 オファー前から原作を読んでいたという小野は「笑えるコメディーだけど、読んだ後にほんのりと温かい気持ちになる作品。一度読んだだけで好きになってしまって、出演できるとなった時は演じられることを純粋に喜んだ」と主演抜擢に嬉しそう。

 そして、物語の舞台は五島列島。方言を採用しているセリフがポイントだそうで「ネイティブな言葉をちゃんと監修することで、方言から五島列島の言葉の温かさや雰囲気が伝わるように作ってある。ゆっくりと流れる島の時間を、そんな言葉から感じ取ってもらえれば」とアピールした。

 オーディションで役を勝ち取った9歳の原は「“ばらかもん”とは“元気者”という意味で、アフレコしている時はいつもより100倍も200倍も元気になりました」とハキハキと収録を振り返りながら「方言は難しいのもあったけれど、家でも学校でも方言を言ったりして慣れましたね。“そがんとき”とか言ったり、つい出ちゃう。学校でも“なる”のテンションです」と役柄に共感を寄せていた。

 小野も「今日の会見で出席者に“原涼子”とあって、『原?ああ、“なる”の事か』と思った。それくらい役柄の“なる”としか見ていなんですよ」と作品世界に慣れ親しんでいる様子を伺わせた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 小野大輔 Instagram
  2. 小野大輔 イベント
  3. 小野大輔 ジョジョ
クランクイン!の記事をもっと見る 2014年5月15日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「小野大輔 + 神谷浩史」のおすすめ記事

「小野大輔 + 神谷浩史」のおすすめ記事をもっと見る

「小野大輔 + ジョジョ」のおすすめ記事

「小野大輔 + ジョジョ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「田村ゆかり」のニュース

次に読みたい関連記事「田村ゆかり」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。