bit

リップクリームは、なぜ“平ら頭”なのですか

リップクリームは、なぜ“平ら頭”なのですか
リップクリームが売れるのは秋から冬のイメージがありますが、昨今はエアコン乾燥などの影響で、一年中売れるそうです。
ドラッグストアなどのリップクリームコーナーを眺め見て、いつも不思議に思うことがある。
なぜ大半のリップクリームは、表面がつるんと平らにならされているのだろうか。

もちろん全てが平らなものばかりでない。
口紅のような尖り頭にチューブ型、そしてカップ入りと、最近のリップクリーム産業は種類豊富だ。
その中でも口紅タイプが塗りやすいように思われるのだが、世の中では平らな物が市場を独占している。

そこでリップクリームを30種類以上販売されている、株式会社近江兄弟社さんにお話を伺ってみた。
すると「リップクリームの形は、リップクリームの元の液体を流しこむ最終段階で決まります」と言う。

塗り口が尖ったものは、鉄砲の弾のような金属の金型に流し込んで作られることから“砲弾型”と呼ばれ、一方平らなものはリップクリームの容器に直接液体を充填することから“直接充填型”と呼ばれるとか。

かつては先が尖ったリップクリームも多く販売されてはいたものの、現在の主流は平ら頭の直接充填型。
その理由を聞いてみると、近江兄弟社さんに限って言えば「40年前に一番最初に発売したリップクリームがこの形だったことからです」だそう。
そのため現在、会社のメインとなっているのだと言う。
それにリップクリームが最初、化粧品店ではなく薬局店で販売されたことも、平ら頭の人気に繋がる。

唇が荒れて困っているのは何も女性ばかりではない。男性や子供でも気軽に使ってもらえるように……と、平ら頭にはそんな心遣いも含まれているのだとか。

あわせて読みたい

  • 夏だからこそ歯を磨こう

    夏だからこそ歯を磨こう

  • 耳かき事情・2009春

    耳かき事情・2009春

  • コネタの記事をもっと見る 2009年9月4日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース