bit

どちらがお好み? たいやきの「天然物」と「養殖物」

どちらがお好み? たいやきの「天然物」と「養殖物」
『野乃屋えびす庵』産の天然物たいやき。私は頭から食べる派。<br />気が向くと半分に割って(二枚におろして)、食べることも……。
昨年、生誕100周年を迎え、とどまるところを知らないたいやきブーム。「白いたいやき」はもはや定番となり、ひと口で食べられるミニたいやきも大人気。中身もあんこの他にアップルシナモンやキャラメル、生のバナナが入ったもの、ウインナー入りやピザ味、挙げ句の果てに、あえて中身を入れない「素たいやき」まで登場!

ところで、たいやきに「天然物」と「養殖物」があるというのをご存知だろうか。実はコレ、2002年に発行された『たい焼の魚拓』(JTB)という本の著者である宮嶋康彦さんが命名したもの。一尾ずつの型で焼くたいやき(一本焼き)を、「天然物」。同時にたくさん焼くことのできる型で焼くたいやきは「養殖物」とするそうだ。夜店などで売られているのは、たいてい「養殖物」である。ちなみに、この本を読んで私が驚愕したのが、福岡にある某店のたいやきは「オス」と「メス」の区別もあるということ。そして、この本が出版された当時、重労働で非効率的な「天然物」は絶滅の危機にあり、ごく一部の老舗店でしか食べることができなかった。

しかし、ここ数年あえてこの「一本焼き」を売りに開業するお店が増えている。実は私、「天然物」を今だかつて食べたことがなかったため、そんなお店のひとつである大阪・天満にある『野乃屋えびす庵』というお店に足をはこんでみた。

さっそく焼きたてをひとつ買って食べてみたところ、皮が薄くパリパリしていて、確かに食べ慣れた「養殖物」とはまったくの別モノ。このお店のものはボディも小ぶりで、締まった身の感じがなるほど天然鯛を思わせる。「養殖物」のふんわり、やわらかな口当たりとは好みが分かれるところかもしれない。また、「養殖物」は皮が厚いため、「変わりダネ」な中身でバリエーションを楽しめるというメリットも。一方、「天然物」は薄皮が身上なので、皮とあんの質で勝負する傾向にあるのかもしれない……と感じた。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース