bit

トイレを研究する「日本トイレ研究所」

また、「うんち教室」で使用される教材には、同研究所の様々なキャラクターが登場する。“ヨーデル星”からやってきた「ウンコビッチ博士」。女の子の「ブリットニーちゃん」。犬の「ウンコロ犬」(鳴き声は「ウンウン!」)。色々な形と状態を表した、うんちたち(「キラキラうんち」「カチカチうんち」「ドロドロうんち」「ヒョロヒョロうんち」)。彼らがテキストに登場するので、子ども達も楽しく勉強できる。

2009年4月には、研究所が制作した『うんちっち! のうた』なるCDも発売されている。
曲の歌詞には「朝ごはん よくかんで食べたら うんち うんち うんち うんちっち」、「キラキラうんちは健康うんち おしりを拭いても汚れない」、「カチカチうんちは野菜ぶそく うさぎのうんちに似ているよ」と、“元気なうんちを出そうね!”というメッセージが込められているのだが、作詞を担当したのは研究所の加藤代表。完成度は非常に高い。
また、カップリングには英語バージョンの『Poo‐Poo Song(プープーソング)』も収録され、研究所の「思いが世界に広まってほしい!」という願いが込められた。
このCDはホームページより購入が可能。価格は1,000円(税込み)。

そして11月10日が「いいトイレの日」に制定されているのは、ご存知だろうか? 研究所では、この日に毎年さまざまなイベントを開催する。
昨年は、「トイレ美術館」なる企画が行われた。これは、表参道ヒルズの横にある公衆トイレを“美術館”に様変わりさせたもの。8人のプロのアーティストが参加しており、それぞれが「トイレに愛を。」をテーマに作品を制作。公衆トイレ内に展示した。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2010年10月15日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース