90s

感動のバルセロナ五輪をもう一度! 最年少・金メダリスト誕生

近年、平成生まれの若手アスリートの活躍が目立ちます。しかし、1992年に開催されたバルセロナ五輪ではなんと14歳の日本人選手が金メダルを獲得するという快挙を達成しました。その選手の名は岩崎恭子。今回は岩崎恭子も含めた日本人のバルセロナ五輪での活躍を振り返っていきましょう。

【バルセロナ五輪 日本選手は金3個!】


【14歳岩崎恭子の快進撃】
感動のバルセロナ五輪をもう一度! 最年少・金メダリスト誕生

14歳の岩崎恭子はもともと日本でも世界でもまったくのノーマーク選手であり、まさか金メダルを取れるとは誰しもが思っていませんでした。しかし、本番では2人の有力選手を指しきって見事優勝し、金メダルを獲得。レース後のインタビューでは「今まで生きてきた中で一番幸せです」という名言を残しました。

【マラソン陣の大健闘】
女子マラソンの有森裕子の走りも歴史に残るものでした。日本女子の陸上では実に64年ぶりとなる銀メダルを獲得します。そんな有森ですが、バルセロナ五輪前の選考では後にタレントとしても活躍する松野明美と熾烈な争いを繰り広げていました。これが尾を引いて今でも松野明美は有森裕子へのライバル心が強く、「私なら金メダルが取れていた」と語っています。
男子マラソンも奮闘し、出場選手3人がすべて好結果を残しました。(森下銀メダル、中山4位、谷口8位)特に期待されながらも転倒により8位に終わってしまった谷口浩美は「こけちゃいました」という迷言を残して多くの人の記憶に残りました。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月31日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。