90s

任天堂の歴史に残る悪夢 時代を先取りすぎたゲーム機は?

任天堂の歴史に残る悪夢 時代を先取りすぎたゲーム機は?
1995年7月に発売された任天堂のゲーム機、バーチャルボーイ。
「世界で初めての完全立体映像ゲーム機バーチャルボーイ誕生 左右の目に異なる映像を映すことで立体感を生み出している」と大々的にテレビCMも放送されたが、アッと言う間に姿を消してしまった悲運のゲーム機である。

次世代ゲーム機ブームの中で誕生、異色の3Dゲーム専用機


発売時期は、1990年に発売された『スーパーファミコン』の人気に陰りが見え始めた頃。1994年には『セガサターン』、初代『プレイステーション』、『3DOリアル』などの高性能ゲーム機が続々と発売され、「次世代機ブーム」となっていた。
セガサターンの『バーチャファイター』やプレイステーションの『鉄拳』など、ポリゴンを使った3Dが注目されていた中、任天堂は独自路線で新たなゲームを提案した。

ゴーグルのようなデュアルディスプレイをのぞき込むと、赤色LEDにより立体映像が見えるバーチャルボーイで勝負に出たのだ。テレビを必要としないモニター一体型のゲーム機であり、コントローラーは操作性を高めるために十字ボタンを左右に二つ配置していた。
この斬新なデザインも、すべては3Dゲームを最大限に楽しむため。3Dゲームに特化したゲーム機の登場はゲームの新たな可能性を感じさせた。

スーパーファミコンが25,000円、ゲームボーイが12,800円だったが、バーチャルボーイのメーカー希望小売価格は15,000円。適正どころか安い感じも受けるが、ユーザーはこのゲーム機を受け入れたとは言い難い状況だった。なにが失敗の要因だったのだろうか?

あわせて読みたい

  • こげぱん、アフロ犬覚えてる? 元祖ゆるキャラ・サンエックスのキャラが可愛かった件

    こげぱん、アフロ犬覚えてる? 元祖ゆるキャラ・サンエックスのキャラが可愛かった件

  • 羽賀研二の当たり役? アニメ映画となった「ストII」の凄さ

    羽賀研二の当たり役? アニメ映画となった「ストII」の凄さ

  • ストIIでゲーセンが熱かった! ギネス級人気だったストリートファイターIIを振り返る

    ストIIでゲーセンが熱かった! ギネス級人気だったストリートファイターIIを振り返る

  • 一世を風靡したティラミス 大人気になった理由とは?

    一世を風靡したティラミス 大人気になった理由とは?

  • 気になるキーワード

    90s チョベリーの記事をもっと見る 2015年12月16日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュース

    次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース