90s

ブレイク前のSMAP テレ東で冠番組を持っていた

ブレイク前のSMAP テレ東で冠番組を持っていた
1月13日のSMAP分裂・解散報道には、日本中が震撼した。
NHKニュースでも報道されるなど、改めてその影響力と存在の大きさを実感したが、今年デビュー25周年を迎えるそんなSMAPにも、当たり前だがフレッシュな時期はあった。

【テレ東で冠番組を持っていたSMAP】


SMAPのCDデビューは1991年9月。その直後の10月にテレ東でスタートしたSMAPの冠番組、タイトルは、『愛ラブSMAP!』。
番組は、歌はもちろん、トークにコント、ゲームやクイズ、さらには野球やバスケなどスポーツに挑戦するコーナーなどもあり、内容盛りだくさん。今思えば“ビストロ抜きのスマスマ”というか、『SMAP×SMAP』のプロトタイプのような存在の番組だったかもしれない。もちろん、現在オートレーサーとして活躍する森且行在籍時の“6人”での番組だ。
『スマスマ』で時折披露する、ピンクのタンクトップにハチマキ巻いたコテコテの昭和アイドルコント「スケートボーイズ(SMAPの前身ユニットと同名)」ほどのノリではないが、キラキラアイドル時代から一緒に成長していくような番組だった。

ジャニーズ事務所の若手タレントとテレ東といえば、SMAPがデビューする以前の80年代には、『ヤンヤン歌うスタジオ』という、あのねのね司会の人気番組があった。たのきんトリオにシブがき隊、少年隊、光GENJIに男闘呼組……時代ごとに人気ジャニーズタレントが出演し、やはり歌とコント、ゲームなどで盛り上がっていた。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年1月18日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース