90s

ボキャブラ前夜、お昼のお笑い勝ち抜き戦「GAHAHAキング 爆笑王決定戦」

ボキャブラ前夜、お昼のお笑い勝ち抜き戦「GAHAHAキング 爆笑王決定戦」
初代キングの爆笑問題
1980年のMANZAIブームから、21世紀の現在に至るまで、形は違えどお笑い芸人を発掘するテレビ番組というのは絶えず存在してきた。

1980年代であれば、とんねるずやコロッケなどを生んだ「お笑いスター誕生」や、山田邦子などを発掘した「お笑い君こそスターだ!(「笑ってる場合ですよ!」のコーナー)」。
2000年代以後はM-1グランプリを筆頭としたお笑いコンテスト、「エンタの神様」「レッドカーペット」などのネタブーム、「おもしろ荘」「山ー1グランプリ」といった発掘系特番など、様々なところで芸人のスターは誕生している。

本欄の主題である1990年代後半には「ボキャブラ天国」ブームがあり、そこからネプチューンなど、今も活躍する多くのスターが生まれた。
しかし、そんなボキャブラブームの前夜、1993年~1994年の日曜昼の時間帯にお笑いオーディション番組があったことを記憶している人は多くないかもしれない。
テレビ朝日系列で放送されていた「GAHAHAキング 爆笑王決定戦」である。

10週勝ち抜きで「GAHAHAキング」に


司会は田代まさしと久本雅美。番組は毎回5組の芸人が参加する勝ち抜き方式で、10週勝ち抜くとGAHAHAキングの称号と賞金100万円が贈呈された。
ルールとしては元祖芸人発掘番組「お笑いスター誕生」をほぼ踏襲しているが、現在放送されている同種の勝ち抜きお笑い番組「じわじわチャップリン」の目指すゴールが「3週勝ち抜き」なことを考えると、時代が違うとはいえ10週は長い道のり。つまり挑戦する時点で10個以上のネタのストックがあるか、ないしは毎週頑張って新ネタを作る必要があったわけだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月20日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。