90s

かつてハイビジョンテレビは250万円だった! ハイテク時代の幕開けとなった機器

かつてハイビジョンテレビは250万円だった! ハイテク時代の幕開けとなった機器
ハイビジョンテレビ
1994年といえば、マルチメディアの到来が騒がれており、さまざまな電化製品がハイテク化をとげた時代でもあった。テントウムシ型マウスをはじめ、日本初の55型ハイビジョンテレビなど、当時を象徴するハイテク製品を紹介していこう。

テンキー搭載のテントウムシ型マウス


「マリカ」という商品名のテントウムシ型マウスを発売された。マリカは、マウスの背中にテンキーを搭載させたもので、そのスタイルがテントウムシに見えることから話題を集めた。
接続がIBMのみという不利な一面を抱えるも、表計算やデザインなどの作業効率をアップさせるという利点を掲げていたが、一説によるとネーミング問題にぶつかり、早々と姿を消したそうだ。ちなみに、マリカとはスペイン語でテントウムシという意味。

世界のコンパック社が手がけたマルチ型PC「プレサリオ」


プレサリオといえば、アメリカの王手コンパック社が社運をかけたと言っても過言ではない、マルチ型のPCである。
ファックスをはじめ、ワープロソフト「一太郎5」、基本ウェアである「ウインドウズ3.1」の一体化に成功。また、それらを14インチのディスプレイで実現できたことは、当時では異例中の異例だった。ちなみに当初は、「パソコンをいじったことのない人でも、梱包を解いて15分以内にシステムを立ち上げられる」というコンセプトで発売されていた。価格は約23万円。

日本初の55型ハイビジョンテレビ 価格は250万円!


あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月22日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。