90s

野坂昭如が大島渚をブッ飛ばした! 伝説の殴打事件を振り返る

野坂昭如が大島渚をブッ飛ばした! 伝説の殴打事件を振り返る
8月15日の終戦記念日が近づくと思い出さずにはいられない映画『火垂るの墓』。原作は作家の野坂昭如。自身の戦争体験を題材としているこの作品。つまり、主人公の清太のモデルは野坂なのである。
清太は涙なくしては語れない悲劇の結末を迎えているが、野坂昭如自身は85歳の人生をまっとうしている。

無類の酒好きであり、高校時代に酔っ払って真っ裸で深夜の街を歩いたり、大学時代に酔っ払って教室の窓から入ったりなどの逸話を残すほどだ。
そして、その酒癖の悪さが引き起こした事件があった。映画監督・大島渚を公衆の面前でぶん殴ったあの事件である。

野坂昭如が帰ってしまったと思い込んだ大島渚の勘違いで起きた


1990年10月、東京プリンスホテルで大島渚・小山明子夫妻の結婚30周年パーティーが開かれていた。
当時の大島監督は、今も続くテレビ朝日の名物番組『朝まで生テレビ!』でのパネリストとしての活躍が目覚ましかった。討論相手を「バカヤロー!」と一喝する、血気盛んな論客である。
約1,500名もの参加者との盛大なパーティーがお開きとなる寸前、大島監督は慌てて壇上に野坂昭如を招き入れた。自らがホスト役も務めていた大島監督は、バタつく進行の中、野坂が途中で帰ってしまったと思い込み、挨拶をカットしてしまっていたのだ。
会場がざわつく中、壇上に上がった野坂は落ち着いて祝辞の和歌を読み上げる。会場は再び盛り上がり、夫妻の笑顔もこぼれるフィナーレになると誰もが思ったのだが……。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月30日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。