90s

横山やすし、高田延彦、アントニオ猪木…カオスすぎた参議院選挙の主役たち

横山やすし、高田延彦、アントニオ猪木…カオスすぎた参議院選挙の主役たち
今年行われた参院選も、元SPEEDの今井絵理子が初当選を果たすなど、タレント候補の話題が多かった。しかし参院選といえば、昔からタレント候補の巣窟。特に90年代の乱立ぶりは、現在以上だったかもしれない。90年代に行われた参院選の顔ぶれを振り返ってみよう。

1992年、青島幸男も出馬


有名人をトップに据えたミニ政党が花盛りだった92年の参院選。以下のような政党が議席を獲得していたのだが、覚えているだろうか。
第二院クラブ(コロンビア・トップ、青島幸男)
スポーツ平和党(江本孟紀)

作家でタレントの青島は、3年後に東京都知事選に出馬。参院選と同様に「選挙活動をしない」スタイルでみごと当選を果たしている。
スポーツ平和党は、党首のプロレスラー・アントニオ猪木が、89年の参院選で「国会に卍固め、消費税に延髄斬り」のキャッチコピーで初当選。野球評論家だった江本がそれに続いた。なお、猪木は13年の参院戦で18年ぶりに再選。現在は「日本を元気にする会」の代表として、今なお精力的に政治活動を行っている。

小池百合子の初当選も1992年


さらに、議席こそ獲得しなかったが、風の会(野村秋介、横山やすし)、モーター新党(マイク真木)などのミニ政党も比例区に出馬していた。俳優の森田健作(無所属)も初当選。森田は現在、千葉県知事を務める。
また現在、都知事選候補として話題の小池百合子(日本新党)も、キャスターから転進、初当選を果たしている。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年9月8日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース