安室奈美恵は90年代、社会現象ともいえる大ブームを巻き起こした。焼けた小麦色の肌に極細眉毛、ワンレンの茶髪。そして、これでもかと挑発する真っ赤なルージュにミニスカート、厚底ブーツなどは真似る者が続出。

女子高生を中心に流行したガングロギャルブームの立役者ともいえる安室。当時、青春真っ只中だった筆者も、ガングロまでとはいかないが、淡く日焼けを施し、茶髪にミニスカートという装いで街中を闊歩したことを思い出す。といっても、ど田舎だったため、本場渋谷のガングロギャルのクオリティに足元も及ばなかったが……。

センター街に溢れかえったアムラー


そんな安室奈美恵に憧れ、彼女を真似た女性たちの事を称して「アムラー」と呼んでいたのである。当時、そのアムラーたちは渋谷のセンター街に溢れかえっていた。

その後、ギャルの中には、“ヤマンバギャル”と呼ばれる姿の者まで登場。ガングロ姿でほぼ白髪に脱色したヘアー、まるでマサイ族を思わせる厄払いのような白塗りのメークが特徴的だった。

篠原ともえのぶっとびキャラ


一方、そこに打ってでたのが、いまでこそ、清楚系キャラで売っている篠原ともえだ。
今では女優やデザイナーとして活躍している彼女だが、90年代は、今からは想像がつかない“ぶっとびキャラ”を売りにしていたのだ。

彼女が一躍注目を浴びるきっかけとなったのが、Kinki KidsがMCを務めた『LOVELOVEあいしてる』。そこで篠原が担当していたレギュラーコーナー『篠原ともえのプリプリプリティ!』で、ゲスト出演者にそのぶっ飛びキャラで突撃インタビューする姿がウケたのである。