90s

タモリが絶賛した小沢健二の名曲とは?

タモリが絶賛した小沢健二の名曲とは?
「さよならなんて云えないよ」
歌手の小沢健二が、19年ぶりにシングル「流動体について」をリリースし、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への出演を果たした。番組では、「流動体について」と往年のヒット曲「ぼくらが旅に出る理由」の2曲を披露した。
また番組冒頭には、昨年行われた小沢健二のコンサートツアー「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」にタモリが招かれたことも明かされた。

深い絆で結ばれた小沢健二とタモリ


タモリと小沢健二は年齢差を越えた深い絆で結ばれている。その詳細については樋口毅宏の小説『さらば雑司ヶ谷』(新潮社)に詳しい。

作中、雑司ヶ谷の住人たちが“最強のミュージシャン”をめぐり激論を繰り広げるシーンがある。ジョン・レノン、マイルス・デイビスに並び引き合いに出されたのが小沢健二であり、裏付けとしてタモリの小沢評が引かれるのだ。
これは『笑っていいとも!』に小沢健二が出演した際のタモリの発言から引用されたといわれている。

むかし、いいともにオザケンが出たとき、タモリがこう言ったの。『俺、長年歌番組やってるけど、いいと思う歌詞は小沢くんだけなんだよね。あれ凄いよね、"左へカーブを曲がると、光る海が見えてくる。僕は思う、この瞬間は続くと、いつまでも"って。俺、人生をあそこまで肯定できないもん』って

タモリが絶賛する小沢健二の曲とは


タモリが絶賛する曲は、小沢健二が1995年に発売した10枚目のシングル「さよならなんて云えないよ」である。『さらば雑司ヶ谷』の新潮文庫版では、浅草キッドの水道橋博士が解説を執筆しており、博士はタモリに直接、この件を尋ねている。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「タモリが絶賛した小沢健二の名曲とは?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    三流のアイドルが自分の曲のように歌うより、思い入れのある自曲を歌うシンガーソングライターは、いいよね。世界に一つといっても、バラバラになった挨拶も無いグループより・・

    4
  • 匿名さん 通報

    一流のアイドルってどんな定義??容姿端麗。いつも元気。大人にならない。老けない。相手の社会的地位に関係なくベストな対応。眠らない。疲れない。…これからはAIにやって貰うしかないね。

    2
  • みっくん 通報

    小沢健二って狂言の和泉元彌のお姉さん(三宅藤九郎)に似てるんだけど………❗️

    2
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月16日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。