review

「植木等とのぼせもん」最終回。植木がクレージーキャッツの呪縛から吹っ切れる。サヨナラ、サヨナラ

9月から放送されてきたNHK総合の土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」が、10月21日、ついに最終回を迎えた。前回、植木等の付き人を務めてきた小松政夫は、晴れて独り立ちが許された。最終回では、すっかり人気者になった小松と、クレージーキャッツから離れて活躍するようになった植木のその後が描かれた。
「植木等とのぼせもん」最終回。植木がクレージーキャッツの呪縛から吹っ切れる。サヨナラ、サヨナラ
クレージーキャッツのメンバーの最後の出演映画となった「会社物語 MEMORIES OF YOU」(市川準監督、1988年)。植木がクレージーに参加して、このとき31年が経っていた。すでに芸能界を引退していた石橋エータローも写真で登場する

紅白のステージに向かう師を、弟子が送り出す


1977年に舞台『王将』に主演した植木(山本耕史)。楽屋へ久々にあいさつに訪れた小松(志尊淳)が、母親のハツエ(富田靖子)を初めて植木に引き合わせる。そのとき、母に乱暴な口を聞く小松を、植木がたしなめると、居合わせた植木の父・徹誠(伊東四朗)が「息子はいつまで経っても息子ですな」と笑いながら母に声をかけた。

「スーダラ節」の歌詞に違和感を抱きつつも、無責任男のキャラクターで一世を風靡した植木は、50歳にしてようやくシリアスな役を演じるようになった。しかし、そんな彼に、徹誠は「おまえはさ、無責任やっていたときのほうが本当のおまえだったのかもしれないな」と意味深なことを言い残し、まもなくしてこの世を去る。

このあと、小松と旧知の人々のその後が描かれる。かつての片思いの相手、みよ子(武田玲奈)は、親友の元俳優・久野征四郎(中島歩)と結婚し、スナックを構えていた。小松が高倉健主演の映画「居酒屋兆治」に出演し、植木が黒澤明監督の大作「乱」に抜擢された1980年代半ばのことだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

植木等とのぼせもん

植木等とのぼせもん

NHKドラマ「植木等とのぼせもん」レビュー記事一覧。

2017年10月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。