review

「植木等とのぼせもん」7話。植木から小松政夫が独立を許されるシーンにグッときた。そして今夜最終回

NHK総合の土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」(夜8時15分~)が今夜、ついに最終回を迎える。

試練を乗り越えた小松、独り立ちを許される


クレージーキャッツの植木等(山本耕史)に弟子入りした松崎雅臣青年(志尊淳)は、運転手兼付き人として植木を支えながら、やがて少しずつテレビや舞台に出させてもらうようになり、小松政夫の芸名も与えられた。
「植木等とのぼせもん」7話。植木から小松政夫が独立を許されるシーンにグッときた。そして今夜最終回
小松政夫の近著『時代とフザケた男』(扶桑社)のカバーも、淀長サンに扮する小松政夫のイラスト(画:峰岸達)で飾られている

先週、10月14日放送の第7回では、植木が小松を独り立ちさせるため、大阪でのクレージー公演の幕間の5分間を彼ひとりでつなげるという試練を与える。公演が始まってからというもの、小松はあれやこれやネタを披露するも、客にさっぱりウケない。クレージーのリーダーのハナ肇(山内圭哉)は見かねて、小松を降板させようとするも、植木が「もう一回だけ頼むよ」と懇願して、最後のチャンスが与えられる。

追い詰められた小松に、わざわざ大阪まで憧れの女性・鎌田みよ子(武田玲奈)が面会に来てくれた。すでにみよ子にはフラれていた小松だが、彼女から「私、ずっとまっちゃんのファンだからね。だから、きっとこの世界で一人前になるって約束よ」と励まされる。

このあと、小松は宿泊先のテレビでたまたま淀川長治が映画を解説するのを見て、これだとひらめく。翌日のステージでは、顔に太い眉とメガネを描いて登場、淀川長治の口調を真似ながら、その前のクレージーの出し物について「この作品、じつはねえ、構想5年、総予算30億円、リハーサル1日、怖いですねえ、怖いですねえ」

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

植木等とのぼせもん

植木等とのぼせもん

NHKドラマ「植木等とのぼせもん」レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース