review

秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!


選挙がはじまる

『帝一の國』、2017年4月公開の映画である。なぜ、今さら4年前の映画を紹介するのか。理由は一つしかない。衆議院選挙が目前だからである。告白するが、私はこの映画を映画館で観ていない。公開当時は、漫画原作もの、且つ若手俳優たちが大勢出演しているこの一見キラキラした映画を、「なんか邦画でありがちなイケメン勢揃いの学園コメディでしょ?」くらいに思っていた。

秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!

ところがどっこいである。翌2018年4月21日の土曜プレミアムの放送で、その超個人的な思い込み、且つ食わず嫌いな評価は180度ひっくり返される。実際は、ゴリゴリに尖ったエンタメ選挙映画で、社会が抱える問題と娯楽を共存させたメチャクチャ笑える大傑作コメディ映画だったのだ。

衆議院選挙を控えたこのタイミングに「センキョなんてキョーミない」という方々はモチロンのこと、家族、友人、同僚、お一人様、揃って観ていただきたい、そんな一本である。

野心みなぎる男「赤場帝一」の学園政権闘争コメディ

【あらすじ】主人公:赤場帝一(菅田将暉)、彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作ること」。その夢の実現のためには、日本一の超名門・海帝高校の生徒会長になることが絶対条件である。海帝でトップになった者は、将来の内閣入りが確約されているのだ。

2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時の立ち回りが鍵となる。トップに上り詰めるためなら、靴を舐める覚悟の帝一。しかし、彼の前には想像を絶する試練が待ち受けているのであった。

国民の半分は選挙に関心がない

選挙の度に投票率の低さが話題になり、毎度のように50%前後をフラフラしている。つまり、国民の半分は選挙に関心がない。

自分が収めた税金の使い道を決める人間を選ぶのが選挙である。可能な限り自分や周囲の人間の生活が豊かになるような使い方をしてくれる候補や党に入れようと思うのが一般的な考え方だと思うが、税金を払ったらそっから先は好きにお使いくださいという、太っ腹なのか忘れっぽいのか、どっちなのかわからない人間が2人に1人はいるのだ。

そのわりに、ツイッターは日々「暮らしが楽にならない。政府は何をやっているのだ」というツイートに満ち満ちていて、毎日のようにバズりまくっている。不思議の国ニッポンである。

秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!

だが『帝一の國』で描かれているのは、そんな選ぶ側(生徒)ではなく、生徒会内での奮闘と葛藤だ。派閥間の勢力争い、飛び交う実弾、選挙公約や理想などそっちのけで展開されるトップをめぐるドロドロの権力闘争。まるで、最近テレビがしこたま報道していた自民党の総裁選を見ているかのようである。

総理になりたい動機

総理大臣になって、自分の国を作るという帝一の野望は、劇中で明かされる超利己的な動機からくるものであり、国民が豊かに暮らせる国家を作ろうなどということはこれっぽっちも考えていない。

そもそも裕福な官僚の家庭に生まれ、お坊ちゃんばかりの超エリート校育ちなので、一般庶民のことなどほぼほぼ見えていない。映画ならそれでも一切問題ないし、むしろキャラクターが誇張されて面白いのだが、リアルな首相がそういう人物だとコレは非常に問題である。

先進国とは名ばかりの爆安の国ニッポン

・平均賃金(年収)…G7中最下位
・世界幸福度…ランキングG7中最下位
・相当貧困率…アメリカに次いで2番目に高い
・男女平等ランキング…G7中ダントツ最下位
・再生エネルギーの開発…G7中最下位
※G7…先進国というくくりの7カ国(米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、日本)

何かにつけてライバル視する韓国にまで抜かれ、あれもこれも先進7カ国で最下位になってしまった日本。もはや先進国と名乗るにはおこがましいレベルにまで落ち込んでしまっている。

日本はこの30年賃金が上がっていない。先日ディズニーランドの値上げが話題になったが、フロリダのディズニーランドの入場料はその倍である。逆に世界から見れば、クオリティーの高いサービスを半額で受けられるし、遊べるし、買える。めっちゃコスパ良いじゃん!ジャパン!なのである。

コロナ禍以前、日本に観光客が押し寄せていたのは、日本が大好き!だから(だけ)ではない。爆安コスパ最強国家だったからだ。そりゃ爆買いもするだろう。しかし、それで良いのだろうか。このまま何の変化も起こらなければ、世界の基準からズルズルと後退しつづけ、子供は生まれず、年寄りばかりの時代遅れ国家と成り下がるのはもう目に見えている。

ボーナスはとっくに使い切った

日本の発展は、戦後のベビーブームによる人口ボーナスによって支えられてきたが、バブル崩壊により第三次ベビーブームは起こらず、格差は開き続け、昭和と平成を引きずったまま価値観はアップデートされず、自己責任と努力不足という言葉が呪いのように蔓延している。しかし、それでも人々は選挙に行かない。
秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!
自分の一票じゃ何も変わらないと思っている。逆だ。投票しないから何も変わらないのだ。もはやコレは、ゆるやかな自殺である。

ハロウィン総選挙

秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!

今回の衆議院選挙の投開票日は、10月31日。ハロウィンである。当日に投票できない人には、期日前投票がある。進学で引っ越して、選挙人名簿に登録されていないという大学生には不在者投票がある。投票所入場券を持っていなくても、本人確認ができるものを持っていれば投票できる。

秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!
どこに投票したら良いかわからないという人には20個ほどの質問に答えれば自分の考えと近い政党を教えてくれるボートマッチというサイトもある。

秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!

この記事の画像

「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像1 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像2 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像3 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像4
「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像5 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像6 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像7 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像8
「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像9 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像10 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像11 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像12
「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像13 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像14 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像15 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像16
「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像17 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像18 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像19 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像20
「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像21 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像22 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像23 「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像24
「秋だ! 選挙だ!『帝一の國』を観よう!」の画像25
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「漫画」に関する記事

「漫画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「漫画」の記事

次に読みたい「漫画」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク