今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「植木等とのぼせもん」6話。40歳目前、父に「いつになったら本物になるんだ」と言われるのはキツい…

2017年10月14日 10時00分 ライター情報:近藤正高
NHK総合の土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」(夜8時15分~)もいよいよ佳境だ。主人公の松崎雅臣青年(志尊淳)は、先々週の第5回でテレビデビューをはたし、師匠の植木等(山本耕史)から「小松政夫」という芸名をもらった。先週、10月7日放送の第6回では、「オヤジたるもの」と題して、植木等とその父・徹誠(てつじょう。伊東四朗)の関係があらためてクローズアップされることになる。
【画像1入る】

植木が小松の将来を本気で考え始めた第6話


徹誠が倒れたとの連絡を受け、植木はあわてて父の家に飛んでいくが、持病の痔をこじらせただけとわかり、まずは安心する。ただし、しばらく身動きのとれない徹誠のため、小松が世話をすることに。ある日、小松は、徹誠からふいに「一生あいつの付き人で終わるつもりか」と訊かれ、「親父さん(植木のこと)が望むなら、もちろんです」と答える。これに困ったような表情を浮かべる徹誠。

小松は付き人として、植木のため、とにかくよく尽くしていた。映画の撮影で和服を着た植木が、休憩中に楽屋で横になる際、着くずれを気にしていると知るや、自分が直してあげられるよう、衣装部の栗原(ハライチの澤部佑)に着付けを教えてほしいと掛け合う。栗原には「ここは着付け教室じゃねえんだぞ」と怒鳴られるも、見ているだけなら……と何とか許しを得た。

そんな折、植木にブルーリボン賞が贈られる。その祝賀パーティーでは、映画関係者や芸能界のスターたちが集まるなか(パーティーの司会者役はラサール石井だった)、徹誠があいさつに立ち、出席者に対し感謝の言葉とともに「植木等はまだまだ若輩者です。海のものとも山のものともつきません。皆様のご指導がなければ、とうていこれから先もやっていくことはできないでしょう。どうか、どうか今後ともよろしくお願い申し上げます」と述べ、拍手喝采を浴びる(伊東が「どうか」を繰り返したところで、小松の後年のギャグ「どうか一つ!」を思い出した)。

だが、その帰りの車のなかで、喜色満面の植木に対し、徹誠は不機嫌そうにずっと黙りこんだままであった。気になった植木は、家に送り届けてから徹誠にどうしたのかと訊ねると、「おまえは小松君のことをどう考えているんだ?」と逆に問いただされ、「(小松に)自分のことを『親父』と呼ばせたんなら、少しは親父らしいところを見せたらどうなんだ!」と一喝されてしまう。

後日、映画の撮影中、植木は衣装部の栗原から「植木さん、いい弟子持ちましたね」と声をかけられた。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!