review

植木等がスタントなしで綱渡りに成功「植木等とのぼせもん」4話

NHK総合の土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」(夜8時15分~)も、先週の9月23日放送分が第4回で、全8回の物語の折り返しだった。志尊淳演じる松崎雅臣(のちの小松政夫)は、クレージーキャッツの植木等(山本耕史)の付き人となって以来、テレビや映画などの現場に同行しながら、さまざまなことを学びつつある。さて、第4回では植木から何を教えられたのか。まず振り返ってみよう。
植木等がスタントなしで綱渡りに成功「植木等とのぼせもん」4話
第5回に登場した植木等主演の映画のモデルと思われる『大冒険』。10月3日(火)のお昼にはNHKのBSプレミアムで放映予定

植木等も楽じゃない!


第4回は、サブタイトルどおり、植木等の「スターの誇り」を感じさせる回だった。古澤憲吾監督(勝村政信)の映画で、ビルの屋上と屋上のあいだを綱渡りするというアクションシーンに挑むことになった植木。しかし何度も失敗を繰り返し、ついには足をけがしてしまう。けがのことは妻の登美子(優香)には黙っていたが、すぐにバレる。このあと、登美子は監督に直接会って厳重に抗議するのだった。

この一件もあり、華やかなスターも裏では苦労を重ねていることを思い知った松崎は、酒場で居合わせたサラリーマン(演じていたのはシソンヌの二人)から、植木のことを馬鹿にされて激昂。ケンカになりかけたところを、一緒に飲んでいた若手俳優の久野征四郎(中島歩)に止められる。

植木の撮影中のけがは、やがてクレージーキャッツのリーダー・ハナ肇(山内圭哉)も知るところとなる。植木は前回同様、ハナに何も言わなかったことを怒られるとともに、映画出演を考え直すよう迫られる。だが、彼は撮影続行を宣言。再度、綱渡りに挑むと、今度はみごと成功させたのだった。このあとすぐに残りのシーンの撮影に向かった植木は、いったん振り返ると、松崎に
編集部おすすめ

あわせて読みたい

志尊淳のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「志尊淳」に関する記事

「志尊淳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「志尊淳」の記事

次に読みたい「志尊淳」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

植木等とのぼせもん

植木等とのぼせもん

NHKドラマ「植木等とのぼせもん」レビュー記事一覧。

お買いものリンク