smadan

東洋経済オンライン「.JSON」を「気味の悪い拡張子」表記→「原文と乖離した訳」と訂正

東洋経済オンライン「.JSON」を「気味の悪い拡張子」表記→「原文と乖離した訳」と訂正

東洋経済オンラインで公開された記事「グーグルが握っているあなたの『個人情報』」に、ITエンジニアらからツッコミが続出した。拡張子「.JSON」について「気味の悪い拡張子」などと記述されており、SNSなどでは「“.JSON”って結構使われてる拡張子でしょ」といった指摘が相次いだ。
それを受けてか「原文と乖離した訳となっておりましたので、中見出し及び本文内の表記を訂正致します」と6月7日14時45分に追記されている。

「.JSON」は意外とメジャーな拡張子?


6月6日に公開された同記事は、米紙ニューヨーク・タイムズの「Google's File on Me Was Huge. Here's Why It Wasn't as Creepy as My Facebook Data.」という記事を翻訳したもの。GoogleがFacebookよりも多くのユーザー情報を握っていることを示し、「Google Takeout」を使った個人情報の整理を推奨している。

この「Google Takeout」を使えば自分のデータをダウンロードできるのだが、翻訳記事では「<3> 気味の悪い拡張子」という中見出しで実際にダウンロードした時の様子を紹介。「グーグルからダウンロードしたファイルの多くは、開くのも読み込むのも難しい奇妙なフォーマットだった。たとえば、グーグル・マップのロケーション履歴(GPS座標と時間情報)は、『.JSON』という聞いたこともない拡張子のファイルに収められていた」と記されていた。

話題になったのは「気味の悪い拡張子」「『.JSON』という聞いたこともない拡張子」という表現。これにネット上では「昨今どのスマホアプリやWebサービスでも使われている『.JSON』を“奇妙”呼ばわりとは…」「『東洋経済オンライン』のサイトのソースにも“気味の悪い拡張子”が使われてるのに」「“JSON”が“ジェイソン”っぽいから気味が悪いとかそういう理由?」「.JSONさんかわいそう」といった声が上がっていた。

ビジネス・経済誌の謎IT語録


一方で「気味の悪い拡張子」という表現に関しては、「まあ一般の人にはあまり知られていない拡張子ではあると思う。“馴染みのない拡張子”って表現すればよかったんじゃないかな」「4文字以上の拡張子見るとモヤモヤしちゃうのはわかる。『.vsqx』とかも結構怪しく思えちゃうよね」「『.jpeg』と『.jpg』の違いもよくわからないから、この感覚すごい共感できる」と一部理解する人も少なくない。

そのほか「また新しいビジネス・経済誌のIT語録が生み出されてしまったな…」という声も。日経ビジネスオンラインは「NVIDIA」を「謎のAI半導体メーカー」と呼称。現代ビジネスの記事には「アクセラレーション・ブースト」という謎の技術が記載されて話題に。最近は日本経済新聞電子版が「GitHub」を「設計図共有サイト」と形容して物議を醸していた。

あわせて読みたい

  • MSによるGitHub買収報道に期待と不安

    MSによるGitHub買収報道に期待と不安

  • 企業間でIT技術者の争奪戦が勃発!?

    企業間でIT技術者の争奪戦が勃発!?

  • 老舗出版社がIT職に破格の報酬

    老舗出版社がIT職に破格の報酬

  • エンジニア「行ってはいけない常駐先」

    エンジニア「行ってはいけない常駐先」

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年6月7日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース