smadan

男は「ATM」に成り下るべきじゃない 保育の無償化なら、残業も減らそう

男は「ATM」に成り下るべきじゃない 保育の無償化なら、残業も減らそう
男は「ATM」に成り下るべきじゃない 保育の無償化なら、残業も減らそう
男は「ATM」に成り下るべきじゃない 保育の無償化なら、残業も減らそう
男は「ATM」に成り下るべきじゃない 保育の無償化なら、残業も減らそう

保育の無償化、始まる

2019年10月から「幼児教育・保育無償化」が始まります。
少子化に対応するための育児支援の一環という目的で行われ、「今さらやっとか」と思う人も多いでしょうが、それでもやはり実際に無償化になるというのはインパクトがあります。

無償化の対象となる条件は家庭の状況・子供の年齢・施設の種類によって異なりますが、ほとんどの場合無償または補助が出ることとなり、子持ち家庭の経済的は大きく減ることが予想されます。

制度設計に一部批判はあるものの、これは日本の子育て環境の改善への大きな前進と言えるでしょう。


「保育」の問題は「女性」の問題?

ところでこの保育の問題、いつも「女性の問題」と捉えられがちなのは、いったいなぜなのでしょうか? 子供は「男女」で育てるものなのに、なぜいつも保育の問題となると女性ばかりが取り上げられるのでしょう。

男女平等のイメージが強い、ウェブメディアですらも、保育の話題では「ママ達の声が~」と紹介し、パパ達はあたかも存在しないかのように書くことが多かったりします。

保育の話は、夫婦の話です。夫婦で相談して、子どもを持とうと決断した瞬間、男は「父親」になります。父親になれば、父親としての責任が生じるわけです。


「働いていればOK」という時代、いよいよ終わる

昔の父親は、ある意味シンプルでした。「稼いでいればOK」と言われ、あとは偉そうにふんぞり返っていてもなんとかなった時代もありました。しかし今は女性が男と同等に稼ぐ時代。そして今回、保育園も無償になり、さらに家庭の経済的負担は減りました。金稼ぎは男の専売特許ではなくなったのです。仕事をしてお金だけ入れていれば責任を果たした、なんて誰も認めてくれません。

今の時代は器用であることが求められます。昔の男性は仕事をしていれば社会的にOKでしたが、今の男性は仕事で稼ぎつつ出世も目指しつつ、さらに「イクメン」であることを求められ育児まで完璧にこなさなければ認められない。非常に複雑で大変な役割です。

ただ、では「昔の男性のようになりたいですか?」と言われて、「はい」と答える男性はきっと少ないでしょう。昭和の男性像を引きずった年配の男性を白い目で見てきたのは、他でもない20代、30代の僕ら自身です。ああいう風になってはいけない、ああなってしまったら将来ヤバイ、という感覚はきっと皆共有しているでしょう。大変ではあるけれど、もう昔には戻れないのです。

あわせて読みたい

  • 53万人反応のツイートに違和感

    53万人反応のツイートに違和感

  • フェミニズムになぜ男性は反発?

    フェミニズムになぜ男性は反発?

  • デスクワークで「座りすぎ」な日本人

    デスクワークで「座りすぎ」な日本人

  • 専業主夫への両親の目線

    専業主夫への両親の目線

  • スマダンの記事をもっと見る 2019年2月9日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース