smadan

「移民大国」日本でこの先生きのこるには 増え続ける外国人労働者との交流 

       
「移民大国」日本でこの先生きのこるには 増え続ける外国人労働者との交流 
「移民大国」日本でこの先生きのこるには 増え続ける外国人労働者との交流 
「移民大国」日本でこの先生きのこるには 増え続ける外国人労働者との交流 
「移民大国」日本でこの先生きのこるには 増え続ける外国人労働者との交流 

日本への移民、今後さらに増え続ける

2019年4月に入管法改正案が施行されます。
これは、簡単に言うと外国人の単純労働者の受け入れを今より容易にするための法律で、この改正に伴い今後外国人がさらに増えると予想されます。

日本はもともとモノカルチャー的な要素が強く、移民に抵抗感がある人が多いと言われています。政府が「移民」という言葉を使わずに移民政策を進めているところにも、そんな“気遣い“が透けて見えます。

移民政策には様々な問題があり、それらはすべて解決しないまま実施されることとなります。もちろんすべての問題を潰すのは不可能ですが、ヨーロッパ諸国の移民政策の失敗を見ている日本人としては、慎重になるのもある意味当然と言えます。

さらに今回の改正案は移民といっても「単純労働者」の受け入れ拡大であり、所得や教育水準の低い人達が増えることに対する懸念も強いのです。

外国人労働者は僕達の生活の中で今後さらに増えていくでしょう。とはいえ、僕達一般市民としては、決まってしまったことをひっくり返す力もないので、受け入れていくしかありません。

生活レベルで問題となるのは、やはりカルチャーギャップです。文化の違いによる誤解や勘違いが元で、人間関係のトラブルになることが予想されます。


多様性は「皆と分かりあえる」ことではない

最近ではよく「多様性」を大事にしよう、などと叫ばれますが、僕達はどうしたら多様性の感覚を持てるでしょうか。

多様性とは、金子みすずの「みんな違って、みんないい」的なイメージが強いかもしれません。しかし、現実問題そんな風に思えないことがほとんどですよね。ゴミ捨てのマナーが悪い、列に並ばない、嘘をつく、こんなことをされても「みんな違って、みんないい」なんて言えないです…!

多様性は「地球上の全員に対して共感する」と思っている人が多いのですが、実はこれは全く真逆!「地球上の全員に対して共感できない、ということを理解する」が本当の意味での「多様性」なのです。

たとえば、僕の家では外国人留学生をホームステイとして受け入れて、一緒に暮らす生活をもう3年以上続けています。そこで痛感するのは、「言わなくてもわかってほしい、は通用しない」ということ。こちらの意思は、しっかりと言葉にしなければ、全く相手に伝わりません。

相手が仮にどんなに失礼な態度を取ったとしても、それはあくまでもこちら基準での「失礼」に過ぎません。相手は失礼なことをしたつもりはないし、悪気がないかもしれません。そこであえてこちらの価値観に基づいて「その態度は失礼だ」ということは、場合によっては「文化の押し付け」になる可能性だってあるのです。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月17日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。