review

今夜金曜ロードSHOW「風立ちぬ」煙草吸いすぎ?なんで庵野秀明?結局宮崎駿は何言いたかったのか解決

今夜金曜ロードSHOW「風立ちぬ」煙草吸いすぎ?なんで庵野秀明?結局宮崎駿は何言いたかったのか解決
2019年4月12日よる9時から、日本テレビ系列で『風立ちぬ』放送。
というわけで、『風立ちぬ』を楽しむためのQ&A。

Q:主人公の堀越二郎は実在の人物なの?
A:ゼロ戦(零式艦上戦闘機)の設計者:堀越二郎は実在の人物だ。だが、あくまでもモデルにすぎない。
同時代の文学者の堀辰雄の要素もぶっこんでまったく新しい人物として創作されている。
鈴木プロデューサーはインタビューでこう答えている。
“だってまあ、無茶苦茶ですよね。いや、無茶苦茶ってのはいい意味でね。堀越二郎っていう人は実在していたわけでしょ。で、同時代の文学者としての堀辰雄。宮さんて堀辰雄も好きだから。このふたりをひとりの人物にして主人公に設定しているんですよ。あり得ないでしょ(笑)。よくそんなこと考えるなと思って(笑)。”(鈴木敏夫『風に吹かれて』中央公論社P389)

Q:物語の時代背景は?
A:予告編でこう語られている。“大正から昭和へ、1920年代の日本は、不景気と貧乏、病気、そして大震災と、まことに生きるのに辛い時代だった”
「風立ちぬ」の絵コンテを描いているときに、東日本大震災が起こった。宮崎駿監督は、スタッフにこう言っている。
「『風立ちぬ』というのは、激しい時代の風が吹いてくる、吹きすさんでいる、その中で生きようとしなければならない、という意味です」(NHK『「風立ちぬ」1000日の記録』)。
描かれている時代と、今は、強く結びついているのだ。

あわせて読みたい

  • 8つの視点で読み解いた「風立ちぬ」レビュー総集編

    8つの視点で読み解いた「風立ちぬ」レビュー総集編

  • 宮崎駿引退会見の真相を探る

    宮崎駿引退会見の真相を探る

  • 美しいアニメをつくりたいという呪われた夢「風立ちぬ」

    美しいアニメをつくりたいという呪われた夢「風立ちぬ」

  • 「風立ちぬ」の帽子はその人が「いるべき場所」を示している

    「風立ちぬ」の帽子はその人が「いるべき場所」を示している

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年4月12日のレビュー記事
    「今夜金曜ロードSHOW「風立ちぬ」煙草吸いすぎ?なんで庵野秀明?結局宮崎駿は何言いたかったのか解決」の みんなの反応 31
    • 匿名さん 通報

      ジブリはこの人のおかげでもってるだけだからなぁ…。この人がいなくなれば会社が回らないだろうな。今回の件といい自分が盾になってインタビューを受けまくってるしな。矢が自分に飛ぶように誘導している。

      5
    • 匿名さん 通報

      隼号を作ったのはドイツ人のアレキサンダー・バウマン博士。堀越二郎ではない。木骨羽布張りで金属製ではない。急降下中に支柱が外れた主翼と胴体が分離した。取り付け金具が原因だろ。

      2
    • 匿名さん 通報

      空飛ぶトタン板 パクリ機だから 宮崎+飛行機でも 見る気無かったし・・・

      2
    • ウィリアム・ボーイング 通報

      Mr.本庄、お前が96陸攻を完成させた1935年7月、我々もB-17を完成させている。こっちは四発ターボ付で速度差は100キロ。それが全てだ。歴史を美化するな。

      2
    • 匿名さん 通報

      講座で、誰よりも頑張って上手く書いたのに、講師の米光一成に虐められまくったから、こんな記事ごときで偉そうにされると、腹立たしい。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース