review

長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』が他の追随を許さない理由 山賊抱っこは最大の発明

長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』が他の追随を許さない理由 山賊抱っこは最大の発明
イラスト/AYAMI

※本文にはネタバレがあります

いよいよ折り返し『俺の家の話』7話

『俺の家の話』(TBS系 毎週金曜よる10時〜)第7話は家族旅行の帰りの車中からはじまる。ユーミンの「BLIZZARD」を合唱し、みんな、ご機嫌。「行きはよいよい 帰りはこわい」とは反対で、帰りのほうがノリノリという珍しいパターンだった。

【前話レビュー】「親父最高!」最低の家族旅行を最高の旅行にした、人生を投影した寿三郎のステージ

観山家に平和が訪れ、介護を通して家族の再生を描くドラマ自体も折り返しへ――。ばらけていた家族の関係は繋がってきたものの、寿三郎(西田敏行)の体調は徐々に悪くなり、要介護2になってしまう。そして寿一(長瀬智也)さくら(戸田恵梨香)の急接近と、まさに禍福は糾(あざな)える縄の如し。

じわじわとさくらにコーナーに追い詰められているような寿一は秀生(羽村仁成)の親権問題で頭を悩ませていた。

また、観山家では高価な面(おもて)や装束がなくなっていて、寿三郎は泥棒の仕業だと言いだす。家族旅行のときにちはる(田中みな実)に面を渡した件もあり、さまざまな女性にあげたことを忘れてしまっているのではないか疑惑が持ち上がる。

なくなったものを泥棒のせいにするのは認知症の症状のひとつ(物盗られ妄想)と聞いて心配する観山家一同に、介護支援専門員・末広涼一(荒川良々)は「認知症患者の行動には親族にしかわからない伏線があるんです。見逃してない? 伏線。回収して、伏線。伏線!」と、冗談に見せて本質的なことを説く。

『俺の家の話』が他の追随を許さないのはこういうところだ。宮藤官九郎のドラマは「伏線回収が見事」みたいな評判が、たとえば「『半沢直樹』は顔芸がすごい」みたいなノリでSNSで語られている。そんな世の風潮に対して、自ら「伏線」(あらかじめ描かれたことがあとになって意味があったことがわかること)ネタを放つサービス精神。

でも、それだけだと単なるメタ(引いた視線で、物語の仕組みなどをわかった体で見ること)になってしまうが、認知症患者の行動の原因は親族にしかわからないことを「伏線」と言い換える妙。しかもこの回、みんな大好き、見事な伏線がさりげなく張られている。

この回の最大の伏線は、最初になにげなく出てきた、能を習いに来た男の存在であることだろう。寿一と元妻のユカ(平岩紙)が語ったプロポーズの思い出も伏線になっているが、そういう目立つところではなく、なにげない日常描写かと思った部分であることが洒落ている。

介護も能もプロレスも伏線もなにもかもをひとつも表面的に扱っていないところが素敵な『俺の家の話』。能に関しても、一般的にはさほど親しみのない能に対して、敬意がある。世阿弥の言葉として、有名な「秘すれば花」を繰り返し使って、親しみのある言葉にしてしまう。

あわせて読みたい

西田敏行のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西田敏行」に関する記事

「西田敏行」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西田敏行」の記事

次に読みたい「西田敏行」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

俺の家の話

俺の家の話

長瀬智也と宮藤官九郎がTBS連続ドラマで11年ぶりタッグ。“濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ”を描く。長瀬は、ブリザード寿というリングネームで活躍する現役プロレスラーの観山寿一を演じた。TBSにて、2021年1月22日〜3月26日。

2021年3月7日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。