review

長瀬智也『俺の家の話』「親父最高!」最低の家族旅行を最高の旅行にした、人生を投影した寿三郎のステージ

長瀬智也『俺の家の話』「親父最高!」最低の家族旅行を最高の旅行にした、人生を投影した寿三郎のステージ
イラスト/AYAMI

※本文にはネタバレがあります

親父最高!『俺の家の話』6話

『俺の家の話』(TBS系 毎週金曜よる10時〜)第6話は旅情篇。寿三郎(西田敏行)が過去に関係した女性たちとひとりひとりけじめをつけていく。いわく「浮名を流した男の最後の謝罪行脚」。

【前話レビュー】『俺の家の話』5話 寿一の亡き母をはっきり描かないことで描く女たちの涙

まずは、かつて能をはじめとして芸ごとに興味をもっていたちはる(田中みな実)。だが彼女はすでに能から農業(オーガニック)へと興味を移していた。しかも結婚して子供もいる。せっかく100万円もしそうな大江山の面を贈ったが、猫に小判的で、寿三郎は苛立つ。

次は、水戸のカラオケスナックの豆千代(池津祥子)。元・新橋の芸者。いまは内縁の夫が服役中。3人の子供と認知症の母の介護をしている彼女に「幸せにできなくてごめんね」と謝罪する寿三郎に、「幸せじゃねえなんて一言もいってねえじゃんか。なんで決めつけるんだよ」と寿一(長瀬智也)がたしなめると、「幸せに見えます?」と豆千代はかぶせ気味に聞く。それ以上、その話は続かないけれど、なんか刺さった。これもひとつの「秘すれば花」か。

3人目は、ハワイアンリゾートのそばの旅館のまゆみ(紫吹淳)。一度は結婚まで考えた仲だったが、いまの彼女は人気ムード歌謡グループ「潤 沢」のリーダーたかっし(阿部サダヲ)に夢中だった。

女性たちはみんなそれぞれの生活を築いているのだから過去を蒸し返す必要はないのではと言う寿一に、会うのがこれで最後になるであろうと覚悟を語る寿三郎。「秘すれば花」の意味が寿一と寿三郎とでは違うところが、生きてきた体験の違いであろうか。寿一は、昔の恋のことを今さら明かす必要ないと考え、寿三郎は、いまの彼女たちの状況はさておいて、自分たちの関係を最後まで素敵にしておきたいのだ。寿三郎の夢見る力の強さこそが名優たる所以かもしれない。

6話のメインは阿部サダヲ

だが、過去の3人の女はある意味前座であった。第6話のメインは、阿部サダヲ。長瀬智也 対 阿部サダヲ。西田敏行 対 阿部サダヲ。伝統芸能 対 たたきあげの芸人。

阿部が演じる、純烈の人気のすきまを縫って活躍している(いるいる、こういう似たものタレント)たかっしを「ドサ回りの三流芸人」と見下す寿三郎と、寿三郎のことをたまたま伝統芸能の家に生まれてきただけで、「あんな体になってもえらそうにふんぞりかえって」いられて気楽だとバカにするたかっし。

カチンと来た寿一だったが、ステージを見て、彼の芸のすごみを知る。おばちゃんたちがひととき、何もかも忘れて心から楽しんでいる。それはなかなかできるものではない。

この記事の画像

「長瀬智也『俺の家の話』「親父最高!」最低の家族旅行を最高の旅行にした、人生を投影した寿三郎のステージ」の画像1 「長瀬智也『俺の家の話』「親父最高!」最低の家族旅行を最高の旅行にした、人生を投影した寿三郎のステージ」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

西田敏行のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西田敏行」に関する記事

「西田敏行」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西田敏行」の記事

次に読みたい「西田敏行」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

俺の家の話

俺の家の話

長瀬智也と宮藤官九郎がTBS連続ドラマで11年ぶりタッグ。“濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ”。長瀬は、ブリザード寿というリングネームで活躍する現役プロレスラーの観山寿一を演じた。TBSにて、2021年1月22日〜3月26日放送。

お買いものリンク