review

長瀬智也『俺の家の話』寿三郎はグループホームへ、ユカは再婚相手の子供を出産 命の循環描いた8話

長瀬智也『俺の家の話』寿三郎はグループホームへ、ユカは再婚相手の子供を出産 命の循環描いた8話
イラスト/AYAMI

※本文にはネタバレがあります

嬉しいゲスト登場の『俺の家の話』8話

『俺の家の話』(TBS系 毎週金曜よる10時〜)第8話はダブル車椅子。寿三郎(西田敏行)のみならず寿一(長瀬智也)も車椅子生活を余儀なくされる。

【前話レビュー】『俺の家の話』が他の追随を許さない理由 山賊抱っこは最大の発明

プロレスの試合中、勢い余って「必ず幸せにします」とさくら(戸田恵梨香)にプロポーズした(第7話)その帰りに山賊抱っこしたときに右足のアキレス腱を切ったのだ(これはあとでわかる流れになっているが、その場面を改めて見ると軽く「ブチッ」とSEが入っている)。

寿一の足の不調にすかさず気づいたのが寿三郎と長州力(本人)。ちょっとした不調にも敏感なふたり。長年、技を磨いてきた者たちだからこその気づきだろう。

思いがけない父と息子の車椅子生活に、寿一とさくらとの深まる恋、寿三郎の病状が悪化したための終活はじめ、再び観山家の崩壊の危機……と畳み掛けるようにさまざまな出来事が起こる。原因は、寿三郎の介護問題だが、トリガーは女性問題である。

弟・踊介(永山絢斗)が勝手に舞い上がっていただけとはいえ、寿一は踊介のさくらへの気持ちを知りながらもさくらへの恋が止まらない。恋には後先や義理人情はない。やがてLINEの送り間違いで、ふたりの秘密の仲に気づいた踊介がキレる。

「寄るな、さわるな、この女」

「さくら」でなく「女」であるのは韻を踏んだから。それはそうとして、「女」と概念化することで、さくらひとりに限ったことではない「女」の問題に拡大する。「弱き者よ、汝の名は女なり」と言ったのはハムレット。父が亡くなってすぐ叔父と再婚した母に対してハムレットは傷つき、人間というか女性不信に陥る。踊介も勘違いとはいえ、彼のなかではハムレットのような気持ちに違いない。

あわせて読みたい

西田敏行のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西田敏行」に関する記事

「西田敏行」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西田敏行」の記事

次に読みたい「西田敏行」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

俺の家の話

俺の家の話

長瀬智也と宮藤官九郎がTBS連続ドラマで11年ぶりタッグ。“濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ”。長瀬は、ブリザード寿というリングネームで活躍する現役プロレスラーの観山寿一を演じた。TBSにて、2021年1月22日〜3月26日放送。

2021年3月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。