篠原涼子、ダウンタウンに掛けられて涙した言葉を明かす。“黒歴史”も包み隠さず「凄いなあ」「感動」

篠原涼子、ダウンタウンに掛けられて涙した言葉を明かす。“黒歴史”も包み隠さず「凄いなあ」「感動」

6日放送の日本テレビ系「another sky-アナザースカイ-」で、女優の篠原涼子が自身のアイドルタレント時代を語り、当時を知る今田耕司からの制止が入る場面があった。



番組冒頭、篠原を紹介した今田は「ある世代には懐かしい2ショットですよ」とコメントした。2人は1991~1997年に放送された人気バラエティ番組、フジテレビ系「ダウンタウンのごっつええ感じ」で共演しており、篠原は「楽しかったですよね」と当時を振り返った。



番組VTRで台湾をめぐった篠原は東京パフォーマンスドール時代から歌手、女優への転身などの芸能人生を回顧して、「全部が繋がってると思うんですよね」と、あらゆる経験が糧となっていると語った。



VTRが終わると、今田は篠原がコントを「楽しい思い出」と発言したことを喜んだ。篠原が「最初は『嫌だな~』っていうのはありましたけど」と語ると、今田は「思い当たるコントが何本かある」と眉間にしわを寄せ、「バッチーンいかれるんですもん」と、篠原が思いっきり頭を叩かれたり、引きずり回されたことがあったのだと明かした。



すると篠原は頭をボールに見立ててやったという「ヘッドボウリング」について「あれ痛かったですね!」と振り返ると「鼻フックとか…」と自ら黒歴史ともいえる経験を語りだす。さらに篠原が「あと何だっけ……」と続けようとしたところ、今田に「もう言うな! 思い出すな! 閉じろ!」と制止されてしまうのだった。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。