党議員の首相の睡眠障害を勝ち取ろう発言を陳謝

 民主党枝野幸男幹事長は17日、党の中川正春元文部科学大臣が16日の民主・維新合同代議士会で甘利明前経済再生担当大臣が睡眠障害で自宅療養1か月の診断を受けていることを引き合いに「安倍首相の睡眠障害を勝ち取ろう」などと発言したことに対し「発言直後に厳重注意した。私からもお詫びを申し上げる」と陳謝した。


 中川元文科相の発言について、枝野幹事長は「安倍内閣を追い込んで行く思いではあったと思うが、認識や配慮に欠ける」とした。そのうえで「発言直後、私から口頭で厳重注意した。本人も反省し、発言を撤回した。今後は党内に十分注意喚起をしていく」と陳謝したうえで、発言に対し注意喚起していく考えを示した。


 一方、憲法が保障する「表現の自由」をめぐる衆院予算委員会での山尾志桜里議員と安倍晋三総理との議論については「安倍総理はクイズみたいな質問をするなと暴言を吐いたが、精神的自由権が経済的自由権になぜ優越するのかということは、憲法を論じるうえでの基本中の基本だ」とし「これにきちんと答えられない、また(憲法学者の故)芦部信喜先生も知らなかったということだが、安倍総理に憲法を語る資格がない。語るなら基礎的な素養を持ってから語れと言いたい」と酷評した。(編集担当:森高龍二)

編集部おすすめ
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「民主党」に関する記事

「民主党」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「民主党」の記事

次に読みたい「民主党」の記事をもっと見る

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク