外国人留学生 就職の意識は高いが就活に出遅れ

外国人留学生 就職の意識は高いが就活に出遅れ

 人材採用に関するコンサルティングを行っているディスコは、2018年3月に卒業予定の外国人留学生に対して就職観や就職活動に関する調査を実施した。それによると、文系の留学生では79.4%の学生が、理系の留学生では69.5%の学生が、日本国内での就職を希望しているとのこと。また、全体では77.0%の留学生が国内での就職を希望している。


 就職したい企業の規模では、「業界トップ企業」が21.0%、「従業員1,000人以上の大手企業」が36.5%だ。これに対して、国内学生ではそれぞれ21.5%と32.5%となっている。外国人留学生のほうが、企業規模へのこだわりが強く、安定した会社に就職したいという意欲が高いことがわかる。


 その一方で、インターンシップへの参加状況は、国内学生が84.6%、外国人留学生が42.2%となっている。およそ倍の開きがあり、大きな差がみられる。さらに、就職活動を開始した時期の違いは特筆に値する。国内学生の就職活動開始時期は3年生の6月が最多だ。そして、4年生の3月までには95.7%の学生が活動を行っている。かたや外国人留学はといえば、活動開始時期が4年生の4月が最多で27.3%だ。開始時期に明確な違いがあり、動き出しが遅いことが如実となった。


 こうした背景には、日本と海外での制度や習慣の違いが関係しているようだ。外国人留学生に、日本での就職活動を通して、「おかしいと思った制度や習慣」について問うと、「就職活動の時期」を挙げる学生が32.6%と最も多かった。「卒業前の早い時期に就職活動をする必要があるため、学業との両立が厳しい」というコメントが多数寄せられたという。日本の学生でも、開始時期が早すぎないかと訝しがるものだが、留学生ならばなおさらだろう。こうした感覚のズレも、就職活動の動き出しの遅さと関係しているものと思われる。また、リクルートスーツに違和感を覚える学生が多く、30.9%という結果になった。筆記試験に疑問をもつ学生は29.4%。筆記試験を実施しない国もあり、外国人留学生には奇異にみえることが多いという結果になった。


 海外と日本ではギャプがあるのは当然のことだが、留学生の就職をサポートするのであれば、まずはこうした文化の違いから教える必要があるだろう。(編集担当:久保田雄城)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「外国人留学生 就職の意識は高いが就活に出遅れ」の みんなの反応 2
  • 匿名 通報

    日本で学んだ事や母国で参考に出来るを持ち帰って、日本以上に良い国を作って下さい。日本も負け無いように頑張ります。 母国に帰って下さいねー!

    1
  • 名無し 通報

    日本なめてるよね完全に。母国で就職すれば?

    1
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。