国政3選挙区選挙、総選挙の前哨戦 平野氏

 「立憲民主党」が政権政党を目指しスタートから半年経ったのを受け、平野博文代表代行は17日の記者会見で、4月25日投開票で実施される衆院北海道2区と参院長野県選挙区の補欠選挙、参院広島県選挙区の再選挙について、総選挙に大きな影響を与える前哨戦との認識を示し「3選挙区でぜひ勝利しなければ」と決意を示した。


 立憲民主党は衆院北海道2区で松木謙公氏、参院長野県選挙区で羽田次郎氏を党公認で立てる。また参院広島県選挙区再選挙には立候補予定している宮口治子氏を推薦することを決めている。


 平野代表代行は衆院公認候補予定者について「他の野党と無所属を含め、過半数を超え、自公政権に代わる選択肢を示す体制をつくる」姿勢を見せた。


 また党所属国会議員が152人となり、衆院選挙公認候補予定者が200人を超え、46都道府県に党の総支部連合会ができたことから「幅広く民意を受ける体制ができた」として基礎的基盤が整ってきたことなどを成果として挙げた。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「選挙」に関する記事

「選挙」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「選挙」の記事

次に読みたい「選挙」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月19日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。