東京女子流10年を語る「ももクロさんとスマイレージさんは特別な同志」

東京女子流10年を語る「ももクロさんとスマイレージさんは特別な同志」
2月27日にニューシングル『光るよ/Reborn』をリリースする東京女子流。表題曲の片方が『Reborn』でもあるように、ここ数年、東京女子流は「変化」を1つのテーマとして活動を続けている。メンバーがそれぞれ11歳~13歳の頃に結成された東京女子流はアイドルとして、グループとして、またひとりの女性としてどう変わったか。活動10年目に突入した今、山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生の4人に「変化」をテーマに話を聞いた。
──東京女子流も今年で活動10年目に突入します。結成時と比べればいろいろと変化もあったと思いますが、例えば今、メンバーの意見はどれぐらい取り入れられるようになってるんでしょうか?

庄司 セットリストはほぼ私たちがやらせていただいています。その時の女子流が伝えたいことを伝えるにはどんなセットリストがいいかを、それまでのライブで感じた反応を含めてメンバー同士で話し合います。ただ、それだけだと一方通行になっちゃう可能性もあるので、第三者であるスタッフさんの意見も聞いて、その2つを上手いバランスで取り入れるようにしています。

──いつぐらいからその形になったんでしょう?

庄司 アーティスト宣言をした頃(2015年)ですかね。それまでは目の前のこと、与えられたことをやるので精一杯で。与えられたことすらもちゃんとできているか危うい状況だったんですけど(苦笑)、アーティスト宣言があってから自覚が芽生えたというか、一人ひとり東京女子流としてのあり方とかをもっと深く考えるようになりましたし、自分たちがこうしたいっていう意思が芽生えたのもその頃だと思います。

あわせて読みたい

気になるキーワード

エンタメNEXTの記事をもっと見る 2019年2月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ハロー!プロジェクト」のニュース

次に読みたい関連記事「ハロー!プロジェクト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。