そうだったの!?日本のキャラメルはかつて ”禁煙用のお菓子” として販売されていた

日本初の国産キャラメルは、森永製菓の創業者である森永太一郎(1865~1937)が1899(明治32)年に販売を開始しました。

佐賀県伊万里出身で、日本の「西洋菓子のパイオニア」「菓子王」と呼ばれる太一郎は、1865年(慶応元年)、佐賀県伊万里で陶器問屋の家に生まれました。

叔父の手ほどきにより陶器商になりましたが、24歳の時にサンフランシスコに渡り、その後天職となる製菓業と巡り合います。

そうだったの!?日本のキャラメルはかつて ”禁煙用のお菓子” として販売されていた


森永太一郎(MORINAGA MUSEUMより)

まだ日本の食糧事情が良好ではなかった時代、「栄養のあるおいしいお菓子を食べてもらいたい」という強い想いで11年もの間、異国の地で修業し、1899(明治32)年にようやく帰国、東京の赤坂溜池にわずか2坪の「森永西洋菓子製造所」を開業しました。

太一郎が最初に手がけた菓子はマシュマロでしたが、これが駐日米国公使の夫人らに気に入られると、瞬く間に「森永の洋菓子」は上流社会で一目置かれるようになりました。

その次に手がけたのがキャラメルでした。ところが販売当時はなかなか普及せず、厳しい経営が続いていました。そんな様子が一転する出来事が起こります。

それは1914(大正3)年の大正博覧会でのこと。同会での土産用にキャラメルを販売したところ、これが大うけ。4月23日には、「禁煙を欲せらるる紳士淑女の為に特製ポケット用」というキャッチフレーズで新聞広告に掲載し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでした。同年7月10日の広告では、「煙草代用」のスローガンが起用されました。

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る 2019年8月17日のライフスタイル記事
「そうだったの!?日本のキャラメルはかつて ”禁煙用のお菓子” として販売されていた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    夢のない話になりますが、キャラメルに網目模様がついている理由は原材料を節約するためです。削れた分を別製品にまわせるので何十万個と生産するため効果もバカにできません。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。