SHINee メンバーの死を乗り越え日本公演開催を決定
拡大する(全1枚)

SHINee メンバーの死を乗り越え日本公演開催を決定の画像はこちら >>



1月9日、韓国アイドルグループSHINeeは、公式ホームページを通じて2月の日本公演について予定通りの日時にて開催することを発表した。



SHINeeは、昨年12月に死去したメンバーのジョンヒョン(享年27)の死去を受け、2月に予定されていた「SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~」の開催の有無に関して、メンバーの気持ちや意向を尊重するために保留の時間を設けていた。



9日、日本公式サイトを通じ「たくさんのご心配とご迷惑をおかけし、また大変お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。」とし、「メンバーの意見を尊重しつつ、各所協議を重ねた結果、公演を、予定通りの日時にて開催させていただくことになりました。」と発表。また、開催決定に伴いメンバーより直筆のメッセージが公開された。



ミンホ(26)は「ジョンヒョン兄さんと僕たちがみなさんと約束したように、大変で諦めたい時、弱い心によって逃げ出したい時、みなさんの手が僕たちには一番大きな力になることを思い出してみなさんのための歌をずっと歌い続けます。」とジョンヒョンとの約束を果たすことを誓った。



キー(26)は「たくさんの方々が心配してくれる中、僕たちは予定していた日本公演を実施すると決めました。この決定がジョンヒョン兄さんの望む僕たちの姿だろうし、ファンのみなさんとの約束を守りながら良いステージをお見せすることが、一番SHINeeらしい姿だと思いました。」と伝えた。