保護犬を連れた女性に助けを求めに来た野良の子猫。犬と子猫が特別な絆を結ぶ(イスラエル)

保護犬を連れた女性に助けを求めに来た野良の子猫。犬と子猫が特別な絆を結ぶ(イスラエル)


 保護犬を一時的に預かり、飼い主が見つかるまでお世話をするボランティア活動をしている女性のもとに、一匹の野良の子猫が助けを求めてやって来た。

 女性が犬の散歩をさせようとアパートの庭に出たところ、痩せ細った子猫が現れたのだ。

 その子猫はひどく衰弱していて、助からないかもしれない状況だったが、懸命な看護の結果、ようやく回復の兆しを見せた。

 子猫は常に犬にピッタリと寄り添い特別な絆を育んでいた。
[動画を見る]
Rescued kitten and his canine friends

【アパートの庭で鳴き声をあげる子猫を発見】

 イスラエルのテルアビブで、保護犬預かりボランティアをしているマリサさんは、7月のある日、いつものように犬の散歩に出た。

 その時、マリサさんの住むアパートの庭で助けを求めて鳴き声をあげている小さな子猫を発見。野良とみられるその子猫は、骨と皮だけの状態で痩せ細っていた。

 テルアビブでは野良猫が多い。マリサさんは子猫の母親が近くにいるかもしれないと先に犬を連れて散歩に出たが、戻ってきても子猫はまだそこにいた。

 このまま子猫を放置しておけないと思ったマリサさんは、子猫を保護することにした。

[画像を見る]
【献身的な看護で子猫は回復の兆しを見せる】

 アパート自宅に子猫を連れ帰ったマリサさんは、水を与えている時に子猫の腹部に古い傷痕と新しい傷があることに気付いた。

 生まれてまもなく路上で厳しい生活を送っていたとみられるオスの子猫は、まだ生後数週間しか経っておらず、衰弱も酷い状態だったことから、生き延びられるかどうか確信はなかった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年8月11日のびっくり記事
「保護犬を連れた女性に助けを求めに来た野良の子猫。犬と子猫が特別な絆を結ぶ(イスラエル)」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    そう言えばイスラエル軍がやってる虐殺はヨーロッパではニュースとして流されているが日本では一切無いね。情報統制。

    1
  • 匿名さん 通報

    素晴らしい記事だがイスラエル人は毎日のようにパレスチナ人の子供や赤ん坊まで殺している。

    0
  • 匿名さん 通報

    こういう記事って「イスラエルは素晴らしい」っていう洗脳の一環なんだろうね。

    0
  • 匿名さん 通報

    《頭狂死亡》《頭狂裏金五輪会場建設現場で熱中症か》一方《多国の話題で自らの不都合ひた隠す、中国そのまま、情報統制最多頭狂穢土人民腸栓共和国では》頭狂の建設現場で男性が死亡していた事がわかった。

    0
  • 匿名さん 通報

    いちいちそういう反応しちゃう人ってなんかかわいそ〜

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。