SFで見たやつ来た!視界に情報を表示できる世界初のARコンタクトレンズが公開される(アメリカ)

SFで見たやつ来た!視界に情報を表示できる世界初のARコンタクトレンズが公開される(アメリカ)

Mojo Vision
 小さなコンタクトレンズの中には、1インチ(2.54cm)あたり14Kの超小型LEDディスプレイ、ワイヤレス通信、イメージセンサー、モーションセンターといったハイテク装置をギュッと詰め込まれている。

 網膜にディスプレイを映し出すことで様々なメニューが視界に表示され、そこに視線を合わせることで拡張現実(AR)を楽しむことができる。そんなSFで見たことあるような未来型のデバイスが誕生したようだ。

 10年にわたる開発の末、1月16日(現地時間)に発表されたそのARコンタクトレンズの名は「モジョ・レンズ(Mojo Lense)」という。 

【リアルタイムで輪郭を検出し、形を補強】

 開発したのは米カリフォルニア州のスタートアップ「モジョ・ヴィジョン(Mojo Vision)」で、製品とマーケティングを担当する上級副社長のスティーブ・シンクレア氏によると、最初のモジョ・レンズは視力が悪い人向けになるという。

 リアルタイムで物体の輪郭を検出し、はっきりとした線でそれを補強することで、視力を補ってくれるのだ。

 CES 2020で展示されたプロトタイプは、薄暗い部屋の中にある物体の形を明るい緑色の線で強調してくれた、とIEE Spectrumで報告されている。

 人の顔まで強調してくれるらしく、とびきり緻密なわけではないが、真顔や笑顔といった表情の区別も十分にできるそうだ。

[動画を見る]

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。