保護施設の外に子犬と置き手紙。少年が犬を手放さなければならなかった理由(メキシコ)

保護施設の外に子犬と置き手紙。少年が犬を手放さなければならなかった理由(メキシコ)


 各地の動物保護施設には、様々な事情で犬猫たちが持ち込まれる。しかし、時にはその事情を直接伝えることが叶わず、こっそりとペットの入った箱を施設の外に置いておく人もいる。

 今月になってメキシコにある動物保護施設でそのような出来事が起こった。施設の外に箱に入れられたピットブルが手紙と共に置いてあった。

 そのストーリーをシェアした施設のFacebookを見たユーザーらは、少年が犬を手放さなければならなかった理由を知り、深く心を痛めた。
【少年からの手紙と共に置かれていたピットブルの子犬】

 2月13日、メキシコ中西部ミチョアカン州にある動物保護施設『Xollin』の外に、段ボール箱が放置されていることに気付いた施設スタッフが箱の中を開けると、そこには1匹のピットブルの子犬が入っていた。

[動画を見る]

 箱には、子犬だけではなく手紙とぬいぐるみもあり、この犬を愛した少年からと思われるその手紙には次のような言葉がスペイン語で綴られてあった。

[動画を見る]

僕はアンドレスで12歳です。母と僕は、飼い犬をここに置くことに決めました。父はこの犬を売ろうとしています。

僕はこの犬を父から守ってやりたいんです。父は、犬を虐待して蹴ったりします。この間も、犬を激しく蹴って、尾を傷つけました。

あなたたちが犬を助けて、世話をしてくれることを願っています。僕のことを犬が忘れないように、犬と一緒に箱にぬいぐるみを入れておきます。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「保護施設の外に子犬と置き手紙。少年が犬を手放さなければならなかった理由(メキシコ)」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    この少年と母親も心配。父親に虐待されてないだろうか。

    3
  • 介山 通報

    犬は1匹だけじゃなかろうに 欲しいって人達は何してたの?

    0
  • 匿名さん 通報

    日本では保健所で多くの犬が殺されています。殺される寸前の犬を引き取って大切に育ててください。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月27日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。